カテゴリーアーカイブ 未分類

著者:ym

気になる Meltdown/Spectre

年明けそうそうに大掛かりに取り上げられた CPU の Meltdown と Spectre 問題。

解決にはまだまだ時間が掛かりそうです。

社内で利用している Symantec Endpoint Protection は、黄色いマークが付いた状態。アイコンが出ていれば、起動が行え、正常稼働していることが画面上から確認できます。Symantec も情報を出していますが、対応準備中の様子。

2018 年 1 月 3 日以降の Windows セキュリティ更新を適用後、複数のエラーが発生したことを Endpoint Protection のトレイアイコンが報告する

あとは FreeBSD 。こちらも FreeBSDのニュースには情報が掲載されたものの、対策は未だの様子。

FreeBSD News Flash

  • この記事いいね! (1)
takahashi 著者:takahashi

Windowsがおかしくなった時に試したいコマンド “sfc /scannow”

Windowsの動作がおかしい、起動しなくなった時最近のWindowsでは自動で修復する機能が強化されているため、ほとんどの場合は自分で何もしなくても起動するようになります。
ただ、まれに自動修復できない形でOSが破損して起動しなくなってしまったり、起動はするけどなんかWindowsの動作がおかしい…なんて事態が発生する可能性があります。

そんな時に、確実に治る保証はないですが、初期化の前に試しておきたい方法があります。

コマンドプロンプト上で利用できる sfcコマンドです。
このコマンドは、Windowsのシステムファイルの整合性をチェックし、もしファイルの不足や破損があった場合は自動的に修復してくれるコマンドです。

既に起動中のWindowsに対して実行する場合は、まずコマンドプロンプトを管理者権限で起動します。


Windows10の新しいビルドだとコマンドプロンプトからPowerShellに変わっている場合がありますが、PowerShellでも同じ手順で動作可能のはずです。

すぐに修復する場合は

sfc /scannow

とします
ファイルのチェックが始まるので、完了するまで待ちます。

Windowsが起動しなくなり、外部(例えば修復ディスクなど)から実行する場合は、

sfc /scannow /offbootdir=修復対象のドライブ(ex. c:\) /offwindir=修復対象のWindowsディレクトリ(ex. c:\windows)
Windows リソース保護は、破損したファイルを検出し、正常に修復しました。 詳細は CBS.Log (%WinDir%\Logs\CBS\CBS.log) にあります。

Windows リソース保護は、破損したファイルを検出しましたが、その一部を修正できませんでした。 詳細は CBS.Log (%WinDir%\Logs\CBS\CBS.log) にあります。

と表示されれば、破損したファイルが修復され、Windowsの不具合が治っているかもしれません。再起動させて不具合の状態を確認します。

もし

Windows リソース保護は、整合性違反を検出しませんでした。

と出た場合ばsfc コマンドでは問題が検出されなかったということになるので、他に原因がある可能性があります。ほかの原因をあたってみてください。

Windowsがおかしくなった、起動しなくなった…となった場合でも、初期化以外に治す方法がある場合があります。
再セットアップや初期化はあくまでも最終手段と考えて、その前にいろいろ試してみると楽にトラブルシューティングができるかもしれません。

参考サイト
Windowsが起動しない時に「sfc /scannow」を実行する方法 – ぼくんちのTV 別館
コマンドプロンプトからWindowsを復旧する4つの方法 (Vista/7/8/8.1/10) – ぼくんちのTV 別館

  • この記事いいね! (0)
著者:ym

RAIDの開放とLowレベル初期化

RAID 崩壊するよ

RAID 崩壊するよ

RAID 構成だったディスクを取り外して単体構成に変更します。何時になってもこの作業は緊張します。

RAID 開放完了

RAID 開放完了

が、実際 RAID 開放は一瞬です。あっという間に崩壊します。

Low レベルフォーマットまじでする?

Low レベルフォーマットまじでする?

さらに、別のサーバで RAID 利用する為に LOW レベルフォーマットを実行します。これが時間が掛かる。

実行したぞ

実行したぞ

この作業、めちゃくちゃ時間がかかって大変な作業ですが、RAID を開放しただけでは、新しいサーバのディスクとして使用する際に問題となるので、この作業は必須!

  • この記事いいね! (0)
著者:ym

RAID構成情報はRAIDコントローラに持っているのか?

RAID コントローラ自体が故障した場合、どうするか問題。

RAID を構成する上で、HDD を複数本と、RAID コントローラカードが必要になります。エンタープライズな RAID ストレージには RAID コントローラ自体が冗長制を持っているので問題は無いのですが、一般的なサーバで RAID コントローラが故障した時どうなるか。

弊社では Adaptec 社の RAID コントローラカードを使用しているので、改めて確認の為調査を行いました。

データを損失せずにSATAやSAS RAIDコントローラを交換する方法は-

HDD は 1 本壊れただけでは、冗長性がある為、取替るだけで復旧が行えます。

しかし RAID コントローラとなると、RAID を構成していた情報、例えば RAID5 で HDD 3 本で冗長、1本がホットスペア、RAID1+0 の 4 本構成、などの情報です。同じ HDD 本数だと、以前どのような構成だったかがわからなくなるのでは?

と考えますが、一般的な RAID は HDD に構成情報を持たせているので問題無し。

起動時に電源をしっかり通電させる。順番、本数、ファームウェアの相違、アップグレード、マイグレード条件を把握する。など作業を間違え無ければ HDD から構成情報が復元が行えるとのと。

今から作業を行う為、念のため確認でした。

  • この記事いいね! (1)
著者:ym

このWi-Fi無料で使える!ラッキー

提供者が不明な公衆無線LAN(Wi-Fi)への利用に抵抗はないようですね。

Wi-Fiへ接続する場合には特にセキュリティを気にしていない方がほとんどの様です。まあ、当たり前にわかっていることですが、無防備なものですね。ハニーポット的なシステムを作って Wi-Fi で情報収集することも簡単な時代に、データ抜き放題 ありえないですね 笑。

  • この記事いいね! (0)
村上 著者:村上

【Excel】セルにドロップダウンリストを追加する方法

飽きもせず、Excelネタです。
自分でも、大体ハマったところは書ききったと思っていたのですが…まだありました。

 

今回は、タイトルにもあるようにセルにドロップダウンリストを追加する方法について。
Excelでは、下の画像のように、セルに入力する値や文字列をドロップダウンリストから選べるようにできる便利な設定があります。

これの設定方法についてです。

まず、このドロップダウンリストを設定したいセルを選択した状態で、上のリボンメニューから「データ」を選択します。
データメニューの中央やや右寄りに、「データの入力規則」というボタンがあるのでそちらをクリック

すると、ウィンドウが現れるので、まず「入力値の種類」から「リスト」を選択します。

そして、「元の値」というテキスト欄に、リストの項目を半角カンマ区切りで入力し、OKを押したら完了です。

 

こうしてまとめてみるといたって簡単なのですが、最初の「データの入力規則を選択」を忘れてしまって、結局毎回調べる羽目になるんですよね…。
「データの入力規則」から、どうしても「ドロップダウンリスト」が連想できないんですよね。
が、こればっかりは覚えるしかなさそう。

ということで、セルにドロップダウンリスト追加する方法でした。
覚えておくと便利だし、入力ミスも防げるので、ぜひご活用ください。

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

Windows 10 Fall Creators Updateはスタートメニューが透明にならなくなった!?

気づいたときには必ず起動していたほど大好きだったオンラインゲームが終了して以来、デスクトップPCはあまり触らなくなっていて、最近はもっぱらMacBook Airばかり使っていました。
先日、ふとした拍子でデスクトップPCを起動したら、スリープ状態で放置していたせいかいつの間にかWindowsにFall Creators Updateが適用されていました。

いろいろ触っていて気づいたのですが、Creators Updateまでは透明化がスタートメニューやアクションセンターにも適用されていました。


一方こちらがFall Creators Update のUI

透明になっているのはタスクバーのみで、スタートメニューやアクションセンターなどの背景の透明度は下がりました。


通知センターの後ろにアイコンを置いてみましたが、殆ど置いてあるかどうかもわかりません。

恐らく、視認性を上げるための修正だと思うのですが、
個人的には、半透明なUIが結構気に入ってたので、ちょっと残念です。

ただ、Onedriveが標準でネットワークストレージ化できたり、3D周りの機能がかなり強化されていたりと、かなり面白い改良も含まれているとのことで、もっといろいろと触っていきたいなと思います。

ちなみに…

今回のアップデートでストレージが大分減ってしまいました…


キャッシュの削除などを行えばもっと空き容量が増えそうですが、OSをデュアルブートさせていることもあって、もともと容量はかなり少なめです。
そろそろHDDも一つ買い足したいですね。

  • この記事いいね! (1)
著者:ym

ACアダプタ故障

明日から仕事始めだというのに、就寝2時間ほど経過したころアラートが発生。簡単に調査したところルータへのPING応答がないことがわかりました。フレッツ光ネクスト隼の故障か、または工事。それとも ISP 側の障害か。ゲスト用のISP側からのアクセスもできない状況。ここまでくると、オフィス内機器障害と切り分けが付きます。

年末の障害に続き、年越し早々別の障害発生とは。よくある、あるあるです。

この時点で、いろいろなことが頭をよぎります。HDD障害、ハード障害、電源障害、停電。ここまでくると手も足も出ない。火事の通報メールは届いていないので、除外できたので翌日に備えます。

出社してすぐ調査開始。

調査の結果、フレッツ光ネクストを4セッション分岐しているスイッチングハブのLEDが異常な点滅、しかも再起動を繰り返している様子。バックアップスイッチへ差し替えても同様の症状で解決できずで結局ACアダプタを交換して解決。

まさか、ACアダプタ障害とは。

サーバは電源装置冗長化できても、家庭向け小型スイッチングハブは冗長化できないな。

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

従来のCPUに深刻な脆弱性が発覚。スペックダウンを招くため安易な対策ができず…

本日、驚愕なニュースが流れてきました。

GoogleのProject ZeroチームはCPUの重要な欠陥を昨年発見していた – Tech Crunch

こちらの記事によると

発表によると、同社はその問題をチップのメーカーに報告した。それは、“投機的実行”と呼ばれているプロセスによって起きる。それは、CPUが次にやるべき命令を論理的に推測して実行し、処理速度を上げる、という高度なテクニックだ。そしてその機能に隙(すき)があり、悪者はそれを利用して、暗号の鍵やパスワードなどメモリ上の重要な情報にアクセスできる。

Googleによるとこれは、AMD, ARM, Intelなどすべてのチップメーカーに見られる現象である(AMDは否定)。Intelは、一部で報道された、脆弱性はIntelのチップのみという説を、同社のブログ記事で否定している。

AMDは否定しているものの、一般用として広く出回っている現行のCPUの多くに、本来読み出せてはいけないメモリ領域からデータを取得できてしまう可能性が指摘されました。

原因は、CPUにおける処理高速化の手法の一つ、“投機的実行”が原因となっているようです。
この投機的実行をすることによってCPUの高速化を図っているため、この脆弱性を簡単に塞ごうとすると、どうしてもCPUの高速性を犠牲にしなければならないという非常に痛いトレードオフの関係が発生してしまっているようです。

Intel製CPUに内在する脆弱性問題の根は深く「すべてのプロセッサが安全性と高速性を両立できない問題を抱える」との指摘 – Gigazine

簡単に解決できなさそうな問題だけに、各CPUメーカーが今後どのような対策をしていくのか、注意深く見守っていきたいですね。

  • この記事いいね! (0)
村上 著者:村上

【Excel】関数の条件で「空白以外」を指定する方法

皆様、新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

と、簡易的にではありますが新年のご挨拶も終わったところで、今年最初の小ネタをご紹介。

昨年から引き続き、Excelを使用した業務を行っておりますが、その際に、「何かしらデータが格納されているセルをカウントする方法」がわからなかったので、備忘録としてまとめます。

使用する関数は、COUNTIF関数、もしくはCOUNTIFS関数です。
指定の方法はいたって簡単で、第2引数の部分に「“*”」と指定するだけ。
具体的には下記のとおりです。

=COUNTIF(A1:A10,"*")
※ A1からA10のセルの範囲で、空白でないセルをカウントする

任意の文字を意味するワイルドカードである「*(アスタリスク)」を使うことで、「何らかの文字が入力されている」という条件を指定できます。
…わかってしまえば、確かに!となるのですが、今回は思いつきませんでしたね。

 

なお、今回は必ず文字列が入力されることがわかっていたので、この方法を使いましたが、もし数字が含まれる場合は、上記の方法ではだめとのこと。
もし数字が入力されることを考慮する場合は、

=COUNTIF(A1:A10, "<>" & "")

上記のように指定する必要があります。

見慣れない「<>」というものが出てきましたが、こちらはExcelで「等しくない」という意味があります。
で、「&」が文字列の結合を意味するので、第二引数は「空白ではない」という意味になります。
ちなみに下記のように、後ろの「&」と「””」を省略することもできます。

=COUNTIF(A1:A10, "<>")

お好みに応じて使い分けてください。

 

以上、Excelの関数で「空白以外」という条件を指定する方法でした。

  • この記事いいね! (1)