著者アーカイブ takahashi

takahashi 著者:takahashi

Ubuntu 18.04に xrdpをインストールしてみる

最近、サーバーOSとしてUbuntu 18.04をGUI付きで使い始めました。
SSHでCUI上でフルコントロールができるとはいえ、やはりリモートでGUIで操作したいときもたまにあります。(GUIアプリケーションの操作など)

そういう時にリモートからGUIを操作する手段はいくつかあるのですが、今回はXRDPという、Windowsのリモートデスクトップクライアントから接続できるようにする方法を試してみました。

まず、aptでxrdp本体をインストールします。

sudo apt install -y xrdp

Ubuntuの場合、基本的にこれだけで動作するのですが、このままだとログイン後にエラーが発生してうまくつながらないので、追加の設定を行います。

#new_cursorsの無効化
sudo sed -e 's/^new_cursors=true/new_cursors=false/g' \
 -i /etc/xrdp/xrdp.ini

#xrdpサービスの再起動
sudo systemctl restart xrdp

#xsessionファイルの作成
D=/usr/share/ubuntu:/usr/local/share:/usr/share:/var/lib/snapd/desktop
cat <<EOF > ~/.xsessionrc
 export GNOME_SHELL_SESSION_MODE=ubuntu
 export XDG_CURRENT_DESKTOP=ubuntu:GNOME
 export XDG_DATA_DIRS=${D}
 export XDG_CONFIG_DIRS=/etc/xdg/xdg-ubuntu:/etc/xdg
EOF

#Authentication Requiredダイアログの回避
cat <<EOF | \
   sudo tee /etc/polkit-1/localauthority/50-local.d/xrdp-color-manager.pkla
 [Netowrkmanager]
 Identity=unix-user:*
 Action=org.freedesktop.color-manager.create-device
 ResultAny=no
 ResultInactive=no
 ResultActive=yes
EOF

sudo systemctl restart polkit

詳細についてはこちらを参照してください。
Ubuntu 18.04: GNOMEデスクトップ環境にXRDPで接続する – Narrow Escape

あとはWindowsのリモートデスクトップでWindowsに接続するのと同じ方法で接続します。

認証情報が間違っている場合はこちらの画面が表示されます。
ここで正しい情報を入力すればそのままログインできます。

ログイン後の画面。
ちゃんとデスクトップが表示されました(/・ω・)/

Windowsにはよくリモートデスクトップで繋げているけど、めんどくさいのでLinuxにも同じ方法で繋げたい!という方にはおすすめです。

takahashi 著者:takahashi

Google Chromeがv67からPWAに対応。Twitterなどの対応サイトで利用可能に。

最近、Windows10 AprilUpdateでMicrosoft EdgeベースのPWAに対応したニュースがありましたが、Google Chromeも、Chrome67からPWAに対応したようです。

Google Chrome 67安定版リリース、「サイト分離」機能やセンサー用API「Generic Sensor API」を搭載 – Gigazine

Twitter LiteなどのPWA対応サイトをChromeブラウザ経由でも、アプリとしてインストールしておくことが可能となりました。

ただ、現在はまだデフォルトで無効になっているようですので、
chrome://flags
から有効にする必要があります。
chrome://flagsにアクセスしたら、検索バーに”PWA”と入れます。

Desktop PWAs をDefautからEnableに変更します。

再起動を求められるので、Chromeを再起動を行えば、PWAが有効になります。

Twitterの公式アプリが自分の環境で動かない、アプリがない、という方は是非試してみてはいががでしょうか。

takahashi 著者:takahashi

Googleアシスタントがついにタブレットにも対応!

先日ふと自分のタブレットの画面を見たら、Googleアシスタントが利用可能になったという通知が届いていました。
驚いて調べたところ、最初はスマホのみに対応していたGoogleアシスタントの対応範囲がタブレットまでに広がったという情報がでていました。

「Googleアシスタント」、Androidタブレットでも提供へ – CNET Japan

記事によると、タブレット対応に加え、今までAndroid 6.0以上が必要条件だったのが今回Android 5.0にも対応したとのこと。
これはかなり朗報ではないでしょうか。

GogleアシスタントはGoogle検索アプリの音声操作よりも多くのことを声で操作できます。
詳しくは以前書いた記事をご覧ください。

Siriの強力なライバル!? Googleアシスタントがかなりスゴイ!

Android5.0まで対応範囲が広がったとのことなので、機種変などで現役を引退したAndroid 5.0以上の端末をGoogle HomeみたいにGoogleアシスタント専用端末にしてしまうという使い方もありかもしれませんね。

takahashi 著者:takahashi

デザインツールAdobeXDの一部機能が無料化! デザインを作るだけならだれでも利用可能に

正式版となって以来、Adobe CC の一部として有料となっていたAdobe XD(Experience Design) CC ですが、先日のアナウンスで基本機能が無料化されたことがわかりました。

Adobe XD 5月アップデートリリース!無料プランが新たに登場! – Adobe Creative Station

最初のころはAdobe XDのベータテスト版として、フル機能が無料公開されていましたが、2017年10月に正式版が公開され、有料化となりました。
Adobe XDの単体プランは 1,180円/月 という形になっており、そこそこのお値段でした。

ただ、そのほかのツールもいろいろ探したのですが、操作性がイマイチであったり、機能が少なかったり、日本語版がなかったりなど、かなり扱いづらい印象でした。
操作性や機能面で完成度が高い上に動作も軽く、日本語に対応している数少ないプロトタイピングツールだったので、基本機能が無料で利用できるのはかなりありがたいですね。

有料版との違いは、一度に共有できるプロトタイプが1つに限定されるとのことなので、一度に複数のプロトタイプを共有する場合は、有料プランへの加入が必要になります。

スタータープランでは、作成できるXDドキュメントの数に制限はありません。公開のためのアセットのエクスポートやエクスペリエンスの動作を共有するための動画作成も可能です。共有機能については、一度に共有可能なプロトタイプおよびデザインスペックは1つに限定されています。この制限は、プランをアップグレードすることで解除できます。XD単体プランまたはCreative Cloudコンプリートプランのメンバーには、この制限はありません。

何かサービスやアプリを作る上で、UIの設計は避けては通れない工程です。
逆に、開発前にUIの設計をしっかりやっておくと、後々開発がしやすくなることも多いと思います。

Webやアプリの開発を行っている方は、是非こういったUIプロトタイピングツールを使ってみてはいかがでしょうか?

Adobe XD – Adobe

takahashi 著者:takahashi

NHKラジオがRadikoでリアルタイム配信の試験を開始

先日、ふとRadikoを立ち上げたところ、NHK系列のAM/FM局が選局リストに追加されていました。

NHKはもともと、独自のサイマル放送サイト”らじるらじる“で配信していて、例えば、スマホで今いる地域のラジオ局を可能な限り網羅しようとする場合は、Radikoアプリとらじるらじるアプリの両方を入れる必要がありました。

そんなNHKとRadikoですが、NHKと民放連との共同ラジオキャンペーンの一環として、2018年4月12日から2019年3月末まで、全国47都道府県でradiko.jpからNHKラジオが聞ける実験配信を開始したとのこと。

radikoでNHKラジオの実験配信、4月から全国で 無料でライブ聴取可能 – くらテク

ということで、当分の間は多くの地域でRadikoアプリ一つでNHKも含めた各局のラジオを高音質で聞くことができます。

折角なので、普段ラジオをあまり聞かないよ~という方もこの機会にラジオの魅力を再発見してみてはいかがでしょうか?

Radiko.jp

takahashi 著者:takahashi

WIndowsでPCの指紋センサーがおかしくなった時の対処法

Windows10から Windows Hello が搭載され、指紋センサーとそのドライバさえPCに搭載されていれば専用ソフトなして指紋認証ログインができるようになりました。

毎回PCのロックを解除するたびに長いパスワードを入れないといけないことを考えると指紋認証が使えるだけでかなり楽になりますよね。

この指紋認証センサーですが、Windowsの場合まれに不具合が発生して利用できなくなることがあるようです。
そんな時の対応方法をご紹介したいと思います。

1.単純に再起動してみる。

Windows OSは非常に複雑で、裏ではたくさんの仕組みが協調動いています。起動してしばらくすると、何らかの原因でこれらの仕組みの一部が上手く動作しなくなることがあるようです。
指紋認証ができなくなった場合、まずその可能性が考えられます。

再起動する際に注意する点として、”シャットダウン”→”起動” ではなく、必ず”再起動”してください。
シャットダウンの場合、設定によってはシャットダウン前のOSの状態が残ってしまう場合があります。

Windows10 – 高速スタートアップを有効/無効にする方法 – PC設定のカルマ

2.デバイスをWindowsに”再認識”させる

1を試しても駄目な場合にこの方法を試すと解消される場合がありました。
まず、スタートボタン(Windowsのロゴのボタン)を右クリックして、”デバイスマネージャー”をクリック。

下のような画面が開くので、中から”生体認証デバイス”を選択して項目を展開します。

すると、今お使いの指紋認証デバイスが出てくるかと思います。
対象のデバイス名を右クリックすると”デバイスのアンインストール”という項目があります。

クリックするとダイアログが開きますので、“このデバイスのドライバーソフトウェアを削除します”にチェックが入っていないことを必ず確認したうえでOKをクリックします。

デバイスマネージャーの一覧から消えたことを確認したうえで、PCを再起動させます。

単にデバイスを削除しただけであれば次回起動時やプラグアンドプレイの再認識を行った際にデバイスが自動的に認識され、再インストールされます。
ただし、”このデバイスのドライバーソフトウェアを削除します”にチェックを入れてしまった場合はドライバが削除されてしまうため再認識されなくなってしまいます。
もしドライバを消してしまった場合はドライバーソフトウェアの再インストールが必要になるので注意してください。

再起動後に再度動作を確認してみて、元通りうまく動作すれば作業完了です。

3. 1、2の手順を試してみてもダメだった場合、ドライバーソフトウェアの再インストールが必要になるケースがあります。

ドライバーソフトウェアはメーカー製PCの場合はそのメーカーのサイト、外付けの指紋認証センサーであればそのセンサーを販売しているメーカーのサイトや付属のCDからインストーラーを起動して再インストールします。

また、ドライバによってはバグが発生しているバージョンが存在している可能性があり、そのバグが原因で正常に動作していないことも考えられます。
もしメーカーにもともとインストールされていたドライバよりも新しいものが公開されている場合は、必ず最新のものをインストールしてみてください。

ソフトウェア的な問題であれば、ここまでの手順で代替問題が解消されているかと思います。

* もしそれでも解消されない場合

上の手順を試しても問題が解消されない場合、OS本体の不具合であったり、ハードそのものに問題がある場合も考えられます。
取り外せるものの場合は、一度他のデバイスでは正常に使えるかなどを確認し、問題がありそうであれば修理に出すことをお勧めします。

takahashi 著者:takahashi

GDPRの影響でWhois情報公開が停止する可能性

EUのGDPR(EU一般データ保護規則)の影響ががついにWhoisデータベースにまで及びました。

ドメイン所有者の連絡先などが含まれる「WHOIS」データがGDPR発効の影響で一時的に非公開になる可能性 – Gigazine

GDPRはEU圏内に住む人々の個人情報について、所定の許可なく公開することを禁止する法律で、特徴的なのは域外の企業や事業者に対しても適用される点。
具体的には、一人でもEU圏内の人の個人情報を登録しているサービスでは、GDPRに則らないと制裁をうけるということです。

発効を前に、対象になった企業や団体が対応に追われている状況ですが、最近のニュースで特に大きな影響を受けるだろうとされるサービスが浮上してきました。
それが、世界中のgTLDドメインを管理するICANNによるWhoisデータベースです。

ICANNでは、Whoisにドメイン取得者の情報を登録することを義務付けており、従わない場合はドメインの登録を停止、取り消される規約になっていました。
この情報の中に住所や取得者の氏名などの個人情報が含まれています。
gTLDは世界的に使われているドメインなので、当然EU圏内の人もドメインを登録しているはずです。結果的にこのGDPRの影響をもろに受ける形になりなり、ICANNはWhoisの制度を見直さざるを得なくなりました。

現在、ICANNでは議論がされているようですが、答えが出るのに相当な時間がかかるため、GDPR発効までに対応版Whoisを構築することは難しく、暫定的な対応としてWhoisデータベースの公開制限や停止が行われる可能性が浮上しているようです。

ICANNのWhois情報公開の意義としてドメインの不正利用や犯罪の防止の目的もあり、今回のICANNの対応に対して、海賊版コンテンツに悩む各国の著作権団体からは抗議も上がっているようです。

GDPR規制によるWHOIS情報の制限に権利者団体が反発「海賊版の取り締まりを難しくする」 – P2Pとかその辺のお話R

ここからは個人的な意見ですが、僕はむしろ今回のGDPRによって、Whois情報が非公開化することは、”インターネットの個人利用”という観点からよかったのではないかなと考えています。

というのも、Whoisデータベースに氏名や住所などを載せないといけないのは企業だけではなく、ドメイン取得するすべての利用者が対象になります。
勿論ドメインを取得するのは法人だけとは限らないので、個人でドメインを取得する場合は自宅の住所なども公開する必要があるのです。

こんな状況でドメインを登録してしまうと、ドメインから一般の人に自分の住所が特定されてしまったりなどかなりリスクが高く、かといって自分のドメインを取得できない場合、個人的にサーバやサイトを建てる際にかなり制限を受けてしまう(SSL証明書が取得できないなど)の問題があり、”個人のサービスやサイトを公開するのに自分の自宅の住所をさらさないといけない”状態になっていました。
最近ではパブリッククラウドの普及などで、個人でも普通にサーバーを持つ時代になっていますし、この”法人を前提”としたWhoisの仕組みについて、個人的にかなり疑問に思っていました。
また、対応策としてレジストラによってはWhois代行公開サービスを提供している場合もありますが、ICANNの方針的に、いつ禁止されるかもわからない状況でした。

今回のGDPRの影響で結果的にWhoisの”だれでも情報にアクセスできる”状況の見直しが必要になったことで、Whoisの情報公開方法が見直され、”個人ユーザーにやさしい”Whoisの仕組みになることを期待したいと思います。

takahashi 著者:takahashi

[要注意]MySQL 5.7からは初期状態でrootにランダムなパスワードが設定されている

先日、自宅のPCにUbuntu 18.04 LTSをインストールしたことを書きましたが、18.04でデフォルトになっているMySQLのバージョン”5.7″からMySQLのrootユーザーのパスワードが初期状態で自動設定される仕様に変更になったようです。

MySQL 5.7 をインストールしたら最初に行うセットアップ – WEB ARCH LABO

初期設定をする際、このことを全く知らなかったため、いつも通りmysqladminでrootパスワードを設定しようとしたのですが、何度やってもaccess deniedになり、パスワードなしてrootにログインすることもできなかったのでかなり焦りました。

ちなみにUbuntu 18.04の場合、初期状態であれば

sudo mysql

と、ユーザ名・PWすべて省いて実行したとことパスワード無しでログインできました。わかるかッ!!!
ちなみに、設定したrootパスワードも、デフォルトで一定期間後にパスワード変更が求められるらしく、その際はパスワードを変更しない限りログインできなくなるようです。(設定の記述で無期限化は可能。)

とかなりセキュリティ的に厳しい仕様になっていますので、これから使われる方はご注意ください。

takahashi 著者:takahashi

電話回線移設に伴ってISDNデジタル通信モードが終了へ

NTT東西の電話網が、従来のものから”IP網”へ移行するに伴って、ISDNのデジタル通信モードの提供が終了になるようです。

ISDNのディジタル通信モードが2020年度にも終了へ、企業間の自動発注システムに大きな影響? JISAが対策を呼び掛け – Internet Watch

自分はギリギリADSL世代なので、ISDNは使ったことは全くないのですが、企業や一部のシステムではいまだに使われているらしく、そういった場合はあらかじめ移行の準備をしておく必要があるらしいです。

しかしながら、NTTの電話回線自体がIP網になるなんで、時代の流れを感じますね。

takahashi 著者:takahashi

主要Linuxディストリに追加された新しいパッケージ形式”Snaps”とは

恥ずかしながら最近初めて知ったのですが、最近の主要ディストリでは、RPMやDEB形式ではない新しいアプリケーションパッケージシステム(パッケージマネージャー)である”Snaps”(Snap、Snappyとも呼ばれる)が実装されているらしいです。

Linuxの新しいパッケージフォーマット、Ubuntu生まれのSnapsは、小アプリケーション群のためのコンテナのようだ – Tech Crunch

最初”なぜ今更あたらしいパッケージマネージャーなんて…”と思ったのですが、記事を読んでなるほど納得がいきました。

パッケージは端的に言ってしまうとWindowsでいう所謂”Windowsインストーラ”にあたります。本来、Linuxではアプリケーションをインストールするときに”ビルド”という手動の作業が必要だったのですが、従来のRPMやDEBなどどいったパッケージマネージャーは、パッケージを”インストール”することによって、初期設定も含めて全自動でアプリをインストールしてくれるという非常に便利なシステムです。


debパッケージ


rpmパッケージ

ただし、Windowsインストーラと異なるのはそのパッケージ単体をインストールするだけではアプリは動作しないという点。
Linuxの場合、一つのアプリを動作させるためには、そのアプリが動作するのに必要となるライブラリ群をあらかじめOSにインストールしておく必要があります。
アプリとアプリが必要とするライブラリの関係を”依存関係”とよび、パッケージにはアプリが必要とする依存関係も登録されています。

ところが、この依存関係というのが非常に厄介な存在です。
実はDEBやRPMといったパッケージマネージャーは飽くまで依存関係にあるアプリがインストールされているかのチェックのみで、足りない依存関係を自動で満たす機構はもっていません。
もっとも現在ではyumやaptなどといったコマンドを使えばこの依存関係の自動補完も行ってくれますが、あくまで外部のツールが補完しているのであり、DEBやRPM本体の機能でないことには注意が必要です。

さらに、インストールするアプリが要求するライブラリなどによっては、使用しているOSや、登録しているリポジトリで提供していないものがある場合が考えられます。
この場合、たとえaptやyumを用いたとしても、アプリをインストールすることができません。

さらに、DEBとRPMには互換性がなく、DEBパッケージマネージャーを採用しているOSでRPMパッケージはインストールできないし、逆にRPMパッケージマネージャーを採用しているOSでDEBパッケージはインストールできません。
一応、パッケージ形式を相互変換してくれる”alien”コマンドはあるのですが、自分が試した限りでは上手く動作しませんでした。

今回のSnapsパッケージは、そんな従来のパッケージマネージャーの欠点を解決してくれそうなシステムになっているようです。

 

Snapsは、最近はやりの仮想化技術である”コンテナ”のような仕組みになっており、Snapsパッケージ内にアプリとそのアプリが必要とするライブラリ群もすべて含まれているとのこと。
また、Snaps内のアプリはアップデートもロールバックも行えるようになっているようで、より柔軟な使い方ができるようになりそうです。

つまり、同じLinuxでありながら使用できるアプリが異なっていた各ディストリ上でも、Snapsをサポートしているバージョンであれば、debian系LinuxであろうとRedHat系Linuxであろうと、同じパッケージをインストールすることができるようになります。Linuxアプリ開発者は今までdeb形式とrpm形式のパッケージを準備する必要がありましたが、今後はSnapsパッケージ一つ作るだけで両方のLinuxユーザーから利用してもらえるようになります。とても画期的ですね。

現時点ですでにSnaps形式のパッケージが出回りつつあるようですが、まだ日本語化されていなかったりするパッケージも多いようで、快適に利用できるようになるまではもう少し時間がかかりそうです。

Snapcraft