浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

rpmパッケージのバージョンを固定して、yum/dnfで自動で更新されないようにする方法

linux

Cent OSなどで使用されているyun/dnfといったパッケージマネージャですが、各パッケージのバージョンのずれによる依存関係の不整合などを回避したり、勝手にアップデートされるのを防ぎたい場合などに、パッケージのバージョンを固定したいときがあります。

今回は、yum/dnfでパッケージのバージョンを固定する方法をご紹介します。

まず、下記コマンドでyumプラグインをインストールします。

sudo yum install -y yum-plugin-versionlock

完了したら、次のように固定したいrpmパッケージ名を指定します。

sudo yum versionlock add パッケージ名

これで固定完了です。
バージョンを固定したパッケージは、yum updateなどを行ってもアップデートされなくなります。

なお、バージョン固定の解除を行う場合は、次のようにすればOKです。

sudo yum versionlock delete パッケージ名

参考:
yum-versionlock で yum パッケージのバージョンを固定する – Tottoto Note

  • この記事いいね! (0)