浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

LaravelのartisanとPhpstormを連携させる方法(2020.2版)

ふとLaravelのコマンドラインツールである”artisan”をPhpstormと連携させようと思い調べてみたところ、以前よりもかなり楽になっていたようだったので、新しい連携方法をご紹介したいと思います。

まず、Phpstormの設定を開きます。


次に

ツール -> コマンドラインツールのサポート

を選択します。

画像のような設定画面が出てきます。

もしPhpstorm側が自動で検知していれば、一覧に既にartisanがセットされているかと思います。

もし一覧になかったり、使用するPHPインタプリタを変更したい場合は、項目を追加、もしくは変更します。

項目を追加する場合は、右上の”+”ボタンをクリックします。

ウインドウが開くので、”ツールの選択”から”Laravel”を選択します。

次に、”ツール設定”ウインドウが開くので、Phpstormのなんでも実行などでartisanを呼び出す際のエイリアスと、使用するPHPインタプリタ、artisan本体のパスを指定します。

これでOKを押すと、artisanのコマンドリストをPhostormが解析し、以降はなんでも実行などでartisanコマンドの予測をしてくれるようになります。

なお、コマンドラインツールのサポート画面で項目を選択したうえでえんぴつマークをクリックすると、すでにセットされた項目の内容を編集できます。

設定しておくと非常に便利なので、PhpstormでLaravelベースのWebプログラミングをしている方は是非試してみてください。

  • この記事いいね! (0)