浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

dockerのリポジトリをLinux Mint 19に入れようとしたらエラーになった話

現状Hyper-Vが使えないWindowsへDocker ToolboxをインストールしてDockerを使用しているのですが、如何せんネイティブなLinuxとの環境の差異がそこそこあり、Linuxネイティブでも開発できるように一応しておいた方がよいのでは、ということでLinux Mint 19にdockerの環境をセットアップすることにしました。

Install Docker on Linux Mint 19 (Tara). – Qiita

を参考にdockerのリポジトリを追加しようと思ったのですが、ここの手順を行った時に

sudo add-apt-repository "deb [arch=amd64] https://download.docker.com/linux/ubuntu bionic stable"

次のようなエラーが発生しました。

Malformed input, repository not added.

最初シンタックス周りなども確認したのですが、原因がわからず…

いよいよ困ってさらに探していたところ、Githubで次のようなIssueを発見。

Malformed input, repository not added. #2065 – GitHub

説明:
add-apt-repositoryLinux MintはUbuntuのオリジナルとは異なることに気付きました。たとえば、-mオプション(デバッグ)を試しても、Mintでは機能しません。これは、このプログラムのはるかに単純な(そしておそらく古い)バージョンのようです。Ubuntuでは、software-properties-commonパッケージによって提供されているようですが、Mintはそれをに置き換えましたmintsources。

過去にいくつかのソフトウェアソースを追加しましたが、実際、この形式はそれほど一般的ではありません。通常、次の例(non-freeおよびmain)のように、URLの後に2つの引数があります。

deb [arch = amd64] https://repo.skype.com/deb stable ** main **

deb http://repository.spotify.com stable ** non-free **

deb https://deb.nodesource。 com / node_11.xバイオニックメイン

したがって、Mint add-apt-repositoryは最後の引数がない入力を受け入れないようです。ただし、手動で追加してsources.list実行sudo apt updateすると、すべて正常に動作します

https://github.com/typora/typora-issues/issues/2065#issuecomment-455877843

ということで、どうやらLinux Mint側の不具合だったようです。

解決策としては、リポジトリ追加コマンドを下記のようなコマンドに変更すればOKでした。

sudo add-apt-repository "deb https://download.docker.com/linux/ubuntu bionic stable"

参考: https://github.com/typora/typora-issues/issues/2065#issuecomment-526669791

64bit版のLinux Mintでは追加時に”i386のパッケージが…”のようなメッセージが出てきますが、実際にdockerをインストールするときは問題なくamd64パッケージがインストールされました。

同じ症状で困っていた方は試してみてください。

  • この記事いいね! (1)