【PHP】namespaceとautoloadの概要と連携

著者:杉浦

【PHP】namespaceとautoloadの概要と連携

 最近、独自のオートローダを持つPHPプログラムを触ることになったので大雑把にnamespaceとautoloadの概要と連携を紹介します。
 namespace(名前空間)は1ファイルでも有効な変数名、関数名、クラス名等の区分け用の仕組みです。次の画像の様にちょっとしたスクリプトでも機能します。

 大雑把には各定義に接頭辞がついている様なものです。よくIDEのジャンプがnamespaceを元に働きますが、namespaceはファイルの読み込みに直接の関係を持ちません。
 autoloadは大まかには

public function autoload(string $呼び出す対象の名前){
    // なんやかんや処理
    require $呼び出す対象の書かれたファイルのパス;
    // あるいは
    include $呼び出す対象の書かれたファイルのパス;
}

PHP: require – Manual
PHP: include – Manual
をいい感じに動かす機能です。autoloaderによって多数のPHPソースコードファイルの中から必要な分だけPHPソースコードファイルを読み込みます。
 namespaceとautoloadのそれぞれは互いに関係ありません。PSR-4で定められた規約に従ってnamespaceとautoloadは連携します。
PSR-4 autoloader (日本語訳) – Qiita
PSR-4: Autoloader – PHP-FIG
 PSR-4はnamespaceとファイルの配置を定義づける規約です。大雑把にいえばnamespaceの名前、階層をディレクトリ構造と一致させなさい、という規約です。
 新しめのフレームワーク(laravelなど)やオートローダ(composerなど)はこのPSR-4に従っているためnamespaceによってファイル読み込みをしているとも言えます。ファイルを読み込めない時はコーディングをしている人が謎namespaceを定義してしまった時が大半です。逆にPSR-4に従っていない古いオートローダはnamespaceが通じているといってソースコードが読み込めているとは限りません。そういった場合、使われているオートローダのドキュメントなりソースコードなりを読み込む必要があります。
 

  • この記事いいね! (0)

著者について

杉浦 administrator