【PHP】php-cs-fixerやPhpStormが最新のコーディング規約標準勧告PSR-12にもうすぐに対応

著者:杉浦

【PHP】php-cs-fixerやPhpStormが最新のコーディング規約標準勧告PSR-12にもうすぐに対応

 PSR-12はPHPのコーディング規約のベースです。”PHPのコードを記述する時はとりあえずPSR-12に従い、加えてプロジェクト毎に状況に合わせて規約の拡張をする”という使い方が想定されています。PSR-12はPHP5.4時点で定められていたコーディング規約用標準勧告であるPSR-2に代わって定められたものです。現在のPHP最新バージョンは7.3であり更新が必要になりました。
 PSR-12に乗り換えたいのですが、まだまだ対応したLint等が少ないのが現状です。対応しなければ即座にコードがバグるわけでもなし、そんなものです。そんな中あっという間に対応したPHP_CodeSnifferに続いて、php-cs-fixerとPhpStormがPSR-12に対応しそうです。
 Release 3.5.0 · squizlabs/PHP_CodeSniffer
 php-cs-fixerは自動修正機能付きのPHP用Lintです。PSR-2やSymfonyの定めるコーディング規約セットに準じた自動修正をPHPのソースコードに適用できます。現在ver3.0で開発中です。
PSR-12 Support · Issue #4502 · FriendsOfPHP/PHP-CS-Fixer
 ある程度できておりcopmoser.jsonに

     "friendsofphp/php-cs-fixer": "3.0.x-dev",

と記述してcomposer updateすればPSR-12版を試せます。
 PhpStormはPHPを主に対象としたweb系言語のIDEです。こちらもコードのフォーマット機能があり、早期アクセスプログラム対象の2019.3verで既に実装されています。2019.1が5月、.2が8月なので順調にいけば来月辺りにリリースされ安定が担保されるでしょう。
 PhpStorm 2019.3 EAP #5 | PhpStorm Blog

  • この記事いいね! (1)

著者について

杉浦 administrator