浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

Cookieを規制する法案が浮上 Webサービスへの今後の影響が心配…

先日、気になるニュースを見かけました。

CookieはステートレスであるWebの仕組み上ユーザーを識別する数少ない手段となっています。

例えば、会員制サイトでアクセスしてきたユーザーがログイン済みなのか、まったく関係のない(会員ではない)部外者なのか、の判別にはCookieの存在が不可欠です。

Cookieがなければ、ログインを前提とした会員制サイトを作ることは事実上難しくなるでしょう。

正確にはCookieのURLにセッションIDを乗せることで、Cookieを使用しない状態の管理行うことはできますが、URLはCookieよりも漏れやすい情報(ユーザーがURLを意図的に保存しなくても、ブラウザの履歴に残ったり、リファラーという仕組みで分かってしまったりする)ため、URLを盗まれてしまうと第三者が正規のユーザーに成り代わって会員サイトを操作できてしまう”セッションハイジャック”が発生しやすくなってしまいます。

ただし、クッキーレス・セッションにはセキュリティ上の問題がある。というのも、クッキーレス・セッションを利用した場合、(当たり前の話であるが)セッションIDが一般ユーザーの目に直接さらされることになる。つまり、URLさえ分かってしまえば、第三者による「なりすまし」も可能であるということだ。
 ただし、このクッキーレス・セッションの脆弱性の問題は、クッキー経由でセッションIDの受け渡しを行った場合でもさほど事情は変わらない。ネットワークをモニタすることで、クッキーの内容などは簡単に盗聴できてしまうからだ。ただ、URLの方が「なりすまし」も「盗聴」も簡単であるという意味で、より危険であるといえる。しょせんは相対的なものといってしまえばそれまでだが、安全性がより重視される局面で、無用にクッキーレス・セッションを採用するべきではない

[ASP.NET]クッキーをサポートしないクライアントでセッション機能を利用するには? – @IT

もちろんURLによるクッキーレス・セッションもシステムによっては適用できる場合もありますが、セキュリティに気を使いたいサイトの場合は当然 Cookieという選択肢が存在しなければなりません。

Cookieという選択肢が取れなくなってしまった場合は、非常に大きな問題です。

そのような技術的な裏側を知ってか知らずかわかりませんが、昨今”個人情報保護”という観点だけを重視してしまい、Cookieを規制しようとする政治的な動きが出てきていますが、正直言って理解に苦しみます。

もっとも、現在多くのサイトで行われている”Cookieを使用することに同意を求める”だけであれば(めんどくさいですが)画面を追加するだけなので問題ありません。

しかし、Cookieの使い方そのものを規制するような動きが万が一出てきた場合、ITインフラそのものを崩壊に追い込んでしまうことも考えられます。

現状”Cookieを規制するようだ”という動きだけニュースになっていて、具体的にどのような規制が行われるのかを説明しているところはまだないようですが、いくらITに詳しくないとはいえ、”知らないから”という言い逃れは許されない問題です。

関係者の方には是非Webの技術やCookieをなぜ使用するのかをきちんと勉強していただいた上で議論していただきたいと思います。

  • この記事いいね! (0)