浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

SCL

CentOS 6 で certbot を動す為 Python27 が必要があったので、SCL を使って動かしてみました。初めて SCL というのを使ったのですが、一時的に環境変数などいじって使える様にする為の環境なのですね。

お気軽で簡単でした。

The Software Collections ( SCL ) Repository

https://wiki.centos.org/AdditionalResources/Repositories/SCL
# yum --enablerepo=centos-sclo-rh install python27

# env | grep PATH
PATH=/usr/local/sbin:/usr/local/bin:/sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin:/root/bin

# python -V
Python 2.6.6

# SCL で Python 2.7 環境を有効化
# scl enable python27 bash

# python -V
Python 2.7.16

# env | grep PATH
MANPATH=/opt/rh/python27/root/usr/share/man:
LD_LIBRARY_PATH=/opt/rh/python27/root/usr/lib64
PATH=/opt/rh/python27/root/usr/bin:/usr/local/sbin:/usr/local/bin:/sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin:/root/bin
PKG_CONFIG_PATH=/opt/rh/python27/root/usr/lib64/pkgconfig

この方法自体は、ソース自前でインストールする場合など、既存ディストリのリビジョン環境を崩したくないので、同じ様な環境を整えるけど、それをコマンドでお気軽にした感じですね。docker の様にでかくなくて簡単でいい。

  • この記事いいね! (0)