【Cordova】TCPプロトコルを介してサーバーと通信するためのプラグイン「cordova-plugin-socket-tcp」

村上 著者:村上

【Cordova】TCPプロトコルを介してサーバーと通信するためのプラグイン「cordova-plugin-socket-tcp」

Cordova アプリで「tcp://」から始まる URL にアクセスするために追加したプラグイン「cordova-plugin-socket-tcp」のご紹介です。
最初、勘違いをしていて React での実装方法について調べていたのですが、後輩君にアドバイスをもらったところ、Cordova で調べた方がいいとのご意見を貰いました。
で、「cordova tcp client」のキーワードで調べたところ、1発でこちらのプラグインにヒットしました。

GitHub のページはこちらから。

GitHub – kitolog/sockets-for-cordova: Cordova plugin for socket network communication
https://github.com/kitolog/sockets-for-cordova

 

インストールには下記のコマンドを実行してください。

cordova plugin add https://github.com/kitolog/sockets-for-cordova.git

インストールが完了したら、ドキュメントを参考にサーバーに接続し、データ通信等を行います。
サンプルコードは下記のとおりです。

var socket = new window.Socket();
socket.open(
  "[接続先]",
  [ポート番号],
  function() {
    console.log('success');
  },
  function(errorMessage) {
    console.log('error');
    console.log(errorMessage);
  });

1行目で socket を定義して、2行目以降でサーバーとの接続を行っています。
このコードでは接続しか行っておりませんが、成功すると 5行目からの関数が呼び出され、失敗した場合は 8行目からの関数が呼び出されます。
また、失敗時は引数としてエラーメッセージが渡されるので、デバック時にはこちらの内容を確認してください。

メソッドは、上記で紹介した .open() 以外にも、データを送るための .write() や、データ送信完了を通知し、送信処理を終了する .shutdownWrite()、接続を解除する .close() があります。

 

以上、サーバーと通信するためのプラグイン「cordova-plugin-socket-tcp」のご紹介でした。
ご参考になれば幸いです。

  • この記事いいね! (0)

著者について

村上

村上 administrator