【PHP】ファイルの中身からファイル形式を識別する

著者:杉浦

【PHP】ファイルの中身からファイル形式を識別する

 webサービスではユーザがサーバにファイルを送ることはよくあります。送られたファイルの中身を扱うこともよくあります。想定していない振る舞いをするファイルを扱った際はバグに繋がりやすく、時にセキュリティの問題も引き起こします。ファイル形式の識別と識別結果による条件分岐は必要になります。
 ファイル形式の識別は簡易な方法がいくつかあります。例えば、ファイル名末尾にある拡張子から読み取れます。セキュリティ的にはとても信用できませんがファイル名のみで判別というのはとても高速で簡単です。例えば、MIMEタイプで大別できます。とはいえまだ偽装は簡単です。ファイルの中身からファイル形式を読み取る方法はこれらよりいくらか頑強な方法です。
 MIME タイプ (IANA メディアタイプ) – HTTP | MDN
 ファイルの中身の先頭にはマジックナンバーと呼ばれるバイナリ形式の署名が入っています。形式によってはテキストエディタで無理やり開くと文字列で一部が見えます。下の画像の”臼NG”のあたりです。


 ファイル形式とマジックナンバーは次のサイトらにまとめられています。
File Signatures
File Signature Database:
 これと読み取ったファイルの中身を突き合わせることでファイル形式を識別します。PNG形式ならば次の通り、16進コードで表して” 89 50 4E 47 0D 0A 1A 0A”となっています。

 PHPならば次の様に検証できます。

function isPng($content){
    $png_sig = "\x89\x50\x4e\x47\x0d\x0a\x1a\x0a";
    return strpos($content, $png_sig) === 0;
}

 ダブルクォーテーションでくくった文字列はエスケープシーケンスが使え、\xhhは”16進コードで hh の文字”を表します。
PHP: エスケープシーケンス – Manual
 先ほど得られた16進コードによるファイル先頭マジックナンバーをエスケープシーケンスによるも文字列で表し、strposで先頭からマジックナンバーが現れるかを確かめます。
PHP: strpos – Manual
 これでファイル形式を識別できます。先頭が正しくともさらに続きの部分で攻撃の余地があるかもしれませんがノーガードよりは随分ましになります。

 ファイルのバイナリはLinuxコマンドのod -h [ファイル名] | less -Fが読みやすかったです。

  • この記事いいね! (1)

著者について

杉浦 administrator