浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

【React】コンポーネントにスタイルを適用する方法

今日、うっかり書き方を間違えたので、備忘録としてまとめます。
React のコンポーネントにスタイルを適用するときの書き方についてです。

エラーが発生した時に、React が誘導してくれたページはこちら。

React – Error Decoder
https://reactjs.org/docs/error-decoder.html/?invariant=62&args[]=

 

このページの最下部に、下記のように style プロパティの書き方についての記述がありました。

The `style` prop expects a mapping from style properties to values, not a string. For example, style={{marginRight: spacing + ‘em’}} when using JSX.

私はうっかり、HTML と同じ書き方で下記のように指定してしましたが、React ではこの書き方ではだめです。

<div style='padding-top: 10px;'>
    <p>テキスト</p>
</div>

下記のように記述するのが正解です。

<div style={{paddingTop: '10px'}}>
    <p>テキスト</p>
</div>

なお、React では、padding-top ではなく、paddingTop というように、キャメルケースで記述します。
また、複数のプロパティを指定したい場合は、カンマ区切りで記述します。
若干普通の CSS とは指定の仕方が異なりますが、プロパティ名なんかは同じなので、それほど悩むことはないと思います。
強いて言えば、中かっこが2重になっていることに注意するくらいでしょうか。

 

以上、React のコンポーネントにスタイルを適用する方法でした。
今後もうっかり書き間違えないように気をつけたいと思います。

  • この記事いいね! (0)