浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

【android WebView】webViewに被せたアクションバーに処理を実装する方法

最近になってまたWebViewを触り始めました。webViewってjavascriptとかのイメージが強いですがandroidでも頑張れば実装できるみたい

ですね。しかもこっちはネイティブだから処理速度も安定しているときたので使いこなせれば開発の引き出しが増えそうですね。

今回はそのwebviewを使っていて、アクションバーの中のアイコンをタップしたときに何らかの処理をするメソッドを載せていきます。

 

タップしたアイコンに応じて処理を切り分けるには、onOptionsItemSelected(MenuItem item)メソッドを使う必要があります。

このメソッドは、ヘッダーに当たるアレ。即ちアクションバーに配置したアイコンに応じて処理をswitchで分岐させる役割を

担っています。

例えば、switchの引数idの中身がhomeだった場合は、finish();で終了させてホームボタンにバックさせます。

 

<pre>@Override
public boolean onOptionsItemSelected(MenuItem item) {
    
    int id = item.getItemId();
    WebView webView = (WebView) findViewById(
            R.id.webView);
    switch (id) {
        case android.R.id.home:
            finish();
            break;
        case R.id.menu_share:
            ShareCompat.IntentBuilder builder = ShareCompat.IntentBuilder.from(this);

            String url = webView.getUrl();
            
            builder.setText(url);
            builder.setType("text/plain");
            
            builder.startChooser();
            break;
        case R.id.reload:
            webView.clearCache(true);
            webView.reload();
            break;
    }
    return super.onOptionsItemSelected(item);
}</pre>

 

このように、一般的なアプリのアクションバーにあるページ更新やシェア機能も切り分けて実装することができます。

 

  • この記事いいね! (0)