Null object patternによる未定義エラー防止

  • 2019年1月31日
  • 2019年1月31日
  • 言語

 存在しない場所を参照することはエラーの原因です。下図はそれぞれPHP、JavaScriptで未定義箇所を参照した時のエラーです。この手のエラーは時にプログラムが止まる致命的エラーになるので防ぐ必要があります。


 防ぎ方でよくあるパターンが、もし未定義か否かで条件文を用いるパターンです。


 この方法は稀に用いる程度ならば問題ないですが、ネストの深いオブジェクトでこの未定義問題を気にする必要がある時もあります。そのような時に用いられるコーディングのパターンのがNull object patternです。
Null object pattern – Wikipedia
 Null object patternはメソッド、プロパティの未定義によるエラーを防ぐために空のメソッド、null値のプロパティを用意します。もしそのメソッド、プロパティを参照しても未定義ではないので致命的にエラーにならないわけです。


 サンプルは簡単なコードなので実感はわかないでしょうが、対象が巨大になる程、抜けがある場所が増える程、参照する場所が増える程、便利なコーディングのパターンになります。

>株式会社シーポイントラボ

株式会社シーポイントラボ

TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:〒432-8003
   静岡県浜松市中央区和地山3-1-7
   浜松イノベーションキューブ 315
※ご来社の際はインターホンで「316」をお呼びください

CTR IMG