著者アーカイブ ym

著者:ym

Bluetootth 5.1 で cm単位の探索

Bluetooth 5.1 とやらが発表されました。Bluetooth 5.1 では、数センチ単位の方向探知機能が実装されるとのこと。

新しい方向探知機能では、センチメートル単位で搭載アイテムの位置を確認できる。キーホルダーなどに搭載すれば、なくした鍵を探しやすくなりそうだ。
 この機能はまた、GPSが届かないインドア施設での位置情報システム(indoor positioning system;IPS)にも利用できる。例えば美術館向けアプリで、展示作品一覧で見たい作品をタップすると、その作品の展示されている位置が分かるようにすることなどが可能だ。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1901/29/news072.html

私はヘッドセットと、スマホロック解除用途でしか使用していませんが、こういった数センチ単位で場所の特定ができる機能が入ってくると、スマホだけでなくほとんどの機器にBluetooth5.1 が装備されそう。

著者:ym

EUのGDPRデータ移転規則で日本は例外へ

欧州委員会が日本を「データ保護水準が十分な国」とし、域内の個人データを持ち出しできる移転先として正式に認定する。欧州に拠点をもつ日本企業が現地法人の人事情報を一括管理できるようになるなど、企業活動の円滑化につながる。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO4032267022012019MM8000/

日本は「データ保護水準が十分な国」???ほんと?という部分もありますが・・・EUとの間で決められた様子です。

これでこんな恐ろしいことは避けられるので、少し安心はできます。

フランスの「情報処理と自由に関する国家委員会」(CNIL)は21日、米アルファベット傘下のグーグルに5000万ユーロ(約62億3300万円)の制裁金を科したと発表した。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-01-21/PLP9M16TTDS001

著者:ym

DNS flag day

JPRS から案内がありましたが、2月1日からイベントが始まる様です。

DNS flag dayに関する文書の公開と対応状況の確認について

2019 年 2 月 1 日は主要な DNS ソフトウェアベンダーとパブリック DNS サービス事業者が参加する 「DNS flag day」の開始日です。DNS flag day は、その日(2019 年 2 月 1 日)以降にリリースする DNS ソフトウェア・サービスから EDNS0 に関するワークアラウンド処理を削除することで、DNS の品質・パフォーマンスの向上と、新機能の導入・拡張機能の推進を図るためのイベントです。
DNS flag day の対象は、2019 年 2 月 1 日以降に参加組織からリリースされる DNS ソフトウェアとパブリック DNS サービスです。運用中の DNS ソフトウェアの動作は、2019 年 2 月 1 日以降も変わりません。

https://jprs.jp/tech/notice/2019-01-21-dns-flag-day.html

2月1日以降にリリースされるDNSソフトウェアを使ってということですが、古いバージョンを使っているので変わり無いですね。

著者:ym

三大脅威

トレンドマイクロのページを見ていたら、「法人」と「個人」の三大脅威という情報セキュリテイの記事がありました。

2018年「法人」と「個人」の三大脅威:止まらない情報漏えいと漏えい情報の「再利用」

https://blog.trendmicro.co.jp/archives/20053

2018年「個人」を狙う三大脅威:「フィッシング詐欺」

https://blog.trendmicro.co.jp/archives/20138

法人利用者の三大脅威

  • 情報漏えい被害と、漏えい情報を使用した攻撃
  • 取引所からの仮想通貨流出
  • ビジネスメール詐欺

個人利用者での三大脅威

  • フィッシング詐欺
  • SMSを発端とする不正アプリ拡散
  • セクストーションスパム

昔からあまり変わりませんが、個人情報もパスワードも、アプリやネットで使ったら、必ず漏洩する覚悟でいたほうが良いですね。
そうすれば自然と漏洩しても良い情報と、まもる情報の区別するし。情報の重要度に応じて多要素認証なども取り入れると思う。

皆さん注意して楽しみましょ。

著者:ym

2019年1月はじめWindows 共有へアクセスできなくなる

2019年1月の Windows Update で Windows2008 Server などの共有フォルダへアクセスできなくなるという症状がでた様です。

その時は、試しに \\192.168.1.1 といった IP ベースの接続を試してもらってしのぎましたが、こんなところに原因があったのですね。
ただ明らかに症状が違うきがするのだが・・・タイミングとしてはジャストなタイミング。

1月のパッチが原因でWindows 7/Server 2008 R2の共有ファイルへリモートアクセスできなくなる問題が解決

https://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1164614.html

Windows 7/Windows Server 2008 R2向けの月例パッチに問題、ネットワークが動作不能に

https://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1163995.html

著者:ym

error: unrecognized command line option “-Wno-logical-op-parentheses”

ClamAV の定期バージョンアップを行おうと下のですが、いつもと違う。
とうとう warning ではなく error になってしまった。

make all-recursive
CXX libclamunrar_la-archive.lo
cc1plus: error: unrecognized command line option “-Wno-logical-op-parentheses”
cc1plus: error: unrecognized command line option “-Wno-dangling-else”
*** [libclamunrar_la-archive.lo] Error code 1

cc1plus となっているので gcc 周り。以下コマンドを実行してみましたが、同様です。

# cc -Wno-logical-op-parentheses a.c
cc1: error: unrecognized command line option “-Wno-logical-op-parentheses”

# gcc -Wno-logical-op-parentheses a.c
cc1: error: unrecognized command line option “-Wno-logical-op-parentheses”

c++ -Wno-logical-op-parentheses a.c
cc1plus: error: unrecognized command line option “-Wno-logical-op-parentheses”

gcc のバージョンは確かに古いです。共存しかないのだろうか。

著者:ym

先日の全国ソフトバンク系携帯の通信障害の原因

機器メーカーの名前を出して、それが原因って弁解。原因は機器にあったとしても、その機器を採用したのはソフトバンク。
名前をだして、そういう責任転嫁はありえないですね。どうかと思う。

携帯網ってクレジットのCAT端末や、宅配便の方の持ってる端末、ホームセキュリティとか、いろいろな業務系のシステムの通信に組み込まれているので、影響を考えると、2時間原因がわからずとは、非常に長い時間で辛いですね。エンジニアの方たち大変だったんだろうな。

無事に復旧ができてよかったですね。マルチベンダ化か、オペレーションを考えると、せめて2-3ベンダ冗長でしょうかね。それでも辛いですけどね。

ソフトバンク大規模通信障害、「原因はエリクソン」と弁解

ソフトバンクは、12月6日午後に全国で発生した通信障害について、全国をカバーするエリクソン製交換機のソフトウェアの異常が原因だったことを明らかにした。通信障害の影響数は「調査中」としている。

ソフトバンク大規模通信障害、「原因はエリクソン」と弁解

ソフトバンクが12月6日午後に発生させた大規模な通信障害について、機器を納入していたエリクソンが技術的な原因の一部を解説した。

ソフトバンク大規模通信障害、エリクソンが「技術的なミス」と一部原因を解説

12月6日に発生したソフトバンクの通信障害は、約3060万回線に影響を与えたことが明らかにされた。上場を受けた19日の会見で紹介された。
 原因は、18台あるパケット交換機(MME)のTLS証明書の期限切れ。エリクソン製の設備だけで構成されていた。同社では2019年6月までに複数メーカーの機器で構成する方針を決めた。

ソフトバンク、12月6日の通信障害の影響は3060万回線
著者:ym

いよいよ WindowsServer で OpenSSH サポート

Windows Server 2019 で OpenSSH がサポートされる様です


 米Microsoftは12月11日(現地時間)、「OpenSSH」クライアントおよびサーバーが「Windows Server 2019」と「Windows 10 バージョン 1809(October 2018 Update)」で“Feature-on-Demand”として利用できるようになったことを発表した。「設定」アプリの[オプション機能の管理]から「OpenSSH」を追加・削除できる。

https://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1158128.html

今までは Cygwin の openssh と cygserver で動かしていましたが、簡単になりますね。

使ったことは無いのですが、SSH 先のシェルは何が使用されるのだろうか。bash ?それとも cmd.exe ?

著者:ym

ntpd が起動できなくなりログも吐かない

ntpd で時刻同期をしているのですが、OS を再起動したタイミングで ntpd が起動できなくなってしまいました。

ntpd が起動できなくなった原因と、ntptime が ERROR になる原因は違いそうですが、ntpd を起動しておかないとズレが生じる為、ntpd が起動を起動するところまでは復旧する必要があります。

disable monitor

脆弱性対策で ntp.conf に設定を入れていたのですが、原因不明のため、ntpd を最新版へアップグレードして起動の確認を行いました。

ntpdc と ntpq

古い人間なので ntpdc を使っていましたが、今どきの ntpd は ntpq を使う様です。ntp.conf を新バージョンに合わせた設定に変更し、ntpq -p で同期確認。

無事同期ができるようになりました。でも、相変わらず、ntptime で ERROR は吐く。

IPMI 経由で BIOS の時刻を見ると、ものすごいズレがあるので、ntpdate -b で同期を行いたいのですが root で実行しても permission denied 。困りました。

著者:ym

flickrの無料プランが1000枚へ変更

flickr を使用していますが、今まで1TBまでであればファイル数は無制限だったのですが、この変更で1000枚へ制限されることになります。

しかも、期限がきた時は古い写真から削除されるらしい。どのクラウドサービスも無料で集めて、逃げられなくなった頃の最後に有料化。

Flickr

https://www.flickr.com/