著者アーカイブ aoki

著者:aoki

人工知能の父「アラン・チューリング」をもっと知りたい

最近AmazonPrimeで『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』という映画を見ました。
最初はミステリー的な感覚でダウンロードしたのですが実際に見たら「アラン・チューリング」を題材にした映画でした。
エニグマとタイトルにある段階で気づけよ・・・

アラン・チューリング
アラン・マシスン・チューリング(Alan Mathieson Turing、英語発音: [tjúǝrɪŋ]〔テュァリング〕, OBE, FRS 1912年6月23日 – 1954年6月7日)はイギリスの数学者、論理学者、暗号解読者、コンピュータ科学者。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0

エニグマ (暗号機)
エニグマ (Enigma) とは、第二次世界大戦のときにナチス・ドイツが用いていたことで有名なローター式暗号機のこと。幾つかの型がある。その暗号機の暗号も広義にはエニグマと呼ばれる。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%8B%E3%82%B0%E3%83%9E_(%E6%9A%97%E5%8F%B7%E6%A9%9F)

ミステリーを見るつもりだったのでしたがアラン・チューリングの事でしたのでしっかり見る事にした結果、ITに従事している自分としては非常に興味深く見てよかったと思える映画でした。
かなり現実に忠実に作られており、どれだけチューリングが「bombe」(映画での名前はクリストファー)を作ることに苦労と時間を重ねて来たかが物凄くよくわかります。
今ではCPUやらGPUで高速演算できる時代ですが「bombe」が無ければ今言われている人工知能は無かったかもしれません。
是非ともITに従事している方は『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』を見ることをお勧めします。

著者:aoki

iPhoneでいきなり「SIMはメッセージを送信しました」と表示される件

車ではスマートフォンはカーナビになるようにエアコン吹き出し口の所に設置できるようにしています。
先日夜に車で走っている際にいきなりiPhoneの通知で「SIMはメッセージを送信しました」と表示されたのを目撃!
その後停車中に確認しようと思ったのですが通知は跡形もなく消え・・・何が起こったのかわかりませんでした。
はっきり言っていきなりSIMがスマートフォンのデータを送った!なんて通知が来たら怖すぎます。

Twitterで検索してみると同じ現象が起こっている人が多数いることも分かりました。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

どうもdocomoユーザだけが発生しているようです。
更に調べると対処法を書いている方がいらっしゃいました。

【iPhone】「SIMはメッセージを送信しました」の意味と対処方法
http://sbapp.net/appnews/app/upinfo/ios11/sim-message-send-78595
こちらの記事によれば

SIMがキャリアアップデートのサーバーに接続をした際に、何らかの通信障害が生じると「SIMはメッセージを送信しました」と画面に表示されることがあるとのこと。

という事らしいです。
なのでスマートフォンがおかしくなったとかウィルスとかそういう危険なものではなさそうですね。
対処法も書かれていましたので同様の現象が起こる方は「キャリアアップデート」の確認をしてみてください。
ちなみに私は電源を1度OFFにしたらそれ以降は1度も出てこなくなりました。

今思うとスマートフォンを触ってるときに振動だけして何も通知が無いという事が何度もあり、「SIMはメッセージを送信しました」が原因だったのかもしれませんね。

著者:aoki

3ロータリー合同の観桜会

今週の例会は「浜松西ロータリークラブ」「浜松北ロータリークラブ」との合同での観桜会でした。
中々他クラブの方々と係ることが少ないのでこういう機会は大事ですね。
大先輩方が多く恐縮してしまいますが・・・


ホテルコンコルドでの開催でメニューもかなり豪勢でした。


お造り。
まぐろの切り口が綺麗でとても美味しい。


桜エビの茶わん蒸し。
桜エビが香ばしいですね。


サーモンとイカの小さいお寿司。

そのほかにも色々な料理、飲み物、出し物で非常に楽しい観桜会でした。
来年度はハーモニーロータリークラブが幹事なので大先輩方を楽しませる内容を考えておかないといけませんね。

著者:aoki

2019年度浜松ハーモニーロータリークラブで地区大会を主催

2019年度、ロータリークラブ第2620地区の地区大会は私の所属する浜松ハーモニーロータリークラブが主体となって開催する為、会場も浜松のアクトシティになります。
ちなみに私も役割を持っており頑張らなければいけません。
先日は会場のアクトシティを見学させてもらいました。


こちらは地区大会の会場であるアクトシティ大ホール。
広さ的には中ホールと変わらない感じですが2階、3階があるので中ホールよりも多い人数を収容できます。


大ホールのステージ。
知らなかったのですが大ホールのステージは日本でも珍しい作りになっており電気で舞台を入れ替えることができるそうです。
ただ動かすとかなりお金がかかるそう・・・


こちらはコングレスセンター。
どれ位椅子が置けるか、どのような配置にするかなどちゃんと決めておかなければいけません。

まだ1年以上先のイベントですが、何事も準備が大事ですので今のうちからやれることをやっていこうと思います。

著者:aoki

Google検索がバグる!?「金曜日19:00」

先日金曜日の夜に空いている飲食店を探していた時の事です。
時間は21:30頃「浜松市 夜」という単語で検索したのですが衝撃の検索結果が表示されました。

静岡県浜松市の金曜日 19:00 です

え、金曜日は合ってますが今21:30ですし・・・19時じゃないですし・・・
そもそもなぜこの検索結果に・・・

試しに別の日で検索したところこの検索結果は表示されず、普通に飲食店など店舗の結果が表示されました。
何だったんだろうか・・・知っている方がおりましたら教えてください。

著者:aoki

青色パトロール実施者証を頂きました

浜松ハーモニーロータリークラブでは警察からの許可の元、自主的に防犯パトロール(通称:青色パトロール)を行っておりまして私も先日講習を受け、実施者証を頂きました。これで正式に青色パトロールができることになります。

普通のパトカーは赤色ですが自主防犯は青色ですね。
青色でも結構目立ちますし車で見回るだけでも防犯になります。
まだ車両登録をしていないので私の車ではパトロールできませんが近いうちに青色ランプも付けられるようになると思います。

浜松ハーモニーロータリークラブではこのような活動から地域貢献を行ってまいりますので引き続きよろしくお願いいたします。

著者:aoki

今更ですがAmazonEchoDotの招待が来たので購入

もうすっかり忘れていたのですがAmazonEchoDotの招待が来たので購入しました。
家ではGoogleHomeがあるので会社に設置しております。

ラジオが壊れて静かだった社内が急ににぎやかになりました!
AmazonPrimeに登録しているので比較的色々な音楽が聴けますしradikoでラジオを聴く事も出来ますね。
逆にAmazonPrimeに登録していないとちょっと寂しいことになるかもしれません。

あとAmazonEchoには音声でAmazonの商品を購入する機能が付いています。
会社に置いておくので勝手に購入されたらたまらない・・・という事でスマートフォンのアプリで設定変更をします。

これで勝手に何か買われる心配もなし(笑)
あと1点、Echoで良い所は音声認識させるときの掛け声を変えられることですね。
初期では「Alexa」なのですが「amazon」や「echo」などに変更することができます。
できる限り短い言葉が楽なので「echo」が良いですね。

GoogleHomeでも変更できるようになるといいんですけどね。
「ねぇGoogle」「OK Google」はちょっと長い・・・

著者:aoki

久しぶりの電子工作は失敗・・・


久しぶりに電子工作をしたくてキットとかはんだごてを購入しました。
Arduinoベースの基盤を使い、気温をLEDで可視化する仕組みを作る予定でした。


ちょっと怪しいキットだったので慎重に作業します。


半分くらい完成!
と思いきやこの段階で実はすでに壊れてしまっています。


はんだの付け方が下手なのは置いておいてそもそも基盤の形が説明書と違ったり、LED組み立てをはんだだけで固定していたのですがちょっと力を加えたら折れてしまったり・・・
おそらく動かないレベルまで破損してしまいました。
最初に瞬間接着剤等で補強しておくべきでした・・・

しかし気温+LEDはどうしても作りたいのでLEDなど個別に買って再挑戦しようと思います。

著者:aoki

UDキャストで視覚障害でも見れる映画がある!

先週のロータリークラブではシネマイーラさんをお借りした映画鑑賞例会でした。
ちなみに上映された映画は「バケツと僕」という映画で浜松が舞台になっている映画でした。

もちろんロータリークラブですのでただ映画を見るだけではありません。
今回UDキャストというアプリを利用して映画を視聴をしました。

UDキャスト

UDCast(ユーディーキャスト)とは映画・映像・放送等の「音声」をスマートフォン等の携帯端末のマイクが拾うことで、その端末を通じて、字幕や手話の表示、音声ガイド再生等を行うことのできるアプリケーションです。
映画や放送番組、Web動画、展示施設など対して、障害や言語の壁を越えて誰もが情報を得ることができることを目的としています。
観客、来場者のすそ野を広げ、これまでより多くの方が映像等の魅力に出会い、共感・共有する機会を提供します。

簡単に説明しますと目の不自由な方にも映画を楽しんでもらえるよう、映像でしかわからない部分を音声で聞くことができるアプリです。


こちらがUDキャスト。
美ら海水族館も入ってますね。


今回は映画なので映画の一覧から視聴するタイトルの音声データを事前にダウンロードします。
あとは映画館でイヤホンを使いながら音声を聞くだけ。

映画館から流れる音声とイヤホンから流れる音声を2つ聞く事になりますが特に違和感を感じず視聴することができました。
実際目を閉じて両方の音声を聞くと映像が想像できて確かに目が不自由でも楽しめると思います。

全ての映画に対応しているわけではないですが対応している映画で是非試してみてください。
ただしスマートフォンを起動しっぱなしにする必要があるのでスマートフォンの画面の光などで周りに迷惑がかからないように気を付けてください。

著者:aoki

インフルエンザを疑ったらやる事やってはいけない事

恥ずかしながら先日インフルエンザB型に感染してしまいかなりキツイ状況に陥りました。
インフルエンザというものに初めてかかってしまったという事もあり色々対応が遅れてしまったのもありましたのでその時の状況とどうすればよかったのか、あとインフルエンザ時にしてはいけない事もあったのでまとめておこうと思います。

経緯

2月8日(木)の夕方から急に悪寒と体のダルさが襲ってきて家に帰って風邪薬を飲む。
ただ熱が39度出てこれはまさかインフルエンザでは?と疑い、2月9日の午前中に内科へ行きインフルエンザの検査をするが結果は出ず。
扁桃炎の可能性という診断だったのでその薬と解熱剤である”カロナール”を3回分貰う。
金土日と薬を飲みほぼ寝て過ごすが一向に熱が下がる気配が無く、夜も寝れないのでカロナールで何とか熱を下げて寝ていたが5時間程度で切れてまたすぐ熱が上がり、更にカロナールが無くなってしまう。
月曜日出社時にはカロナールは当然なく仕方なくロキソニンを飲んで出社。
しかし月曜日の夜も相変わらず39度なので流石にこれはおかしいという事で火曜日に再度内科でインフルエンザの検査を受けた結果、無事インフルエンザB型を検出。
ここで初めてインフルエンザ治療薬である「イナビル」を処方され、2月15日(木)に1週間ぶりに熱が下がり2月17日(土)に完治に至る。

インフルエンザを疑ったら

私はインフルエンザに罹ったことが無かったので知らなかったのですが、インフルエンザに感染して時間があまりたってないと検査で出ない事があるようです。
今回熱が出て12時間近くたってましたが結果としてインフルエンザ治療が遅れ、苦しい思いをする羽目になりました。
もし高熱が続く場合はインフルエンザの検査で出なかった次の日も検査をすることをお勧めします。

インフルエンザの際にしてはいけない事

経緯で書きましたがあまりに熱が下がらずきつかったのでロキソニンを数回飲んでいたのですがこれはNGのようです。
成分の関係でインフルエンザ脳症の予後の悪化やライ症候群という症状を起こす可能性があるようで、インフルエンザの際の解熱剤は「カロナール」のみとの事。

診察の際

診察の際にインフルエンザの時期などは「周りにインフルエンザはいますか?」と聞かれます。
この時に本当に要る場合は必ず「いる」と答えた方が良いです。
その場合は検査でインフルエンザが出なくてもインフルエンザの治療薬を処方してもらえるので結果としてインフルエンザ治療が早く終わります。
まぁ周りにインフルエンザ患者がいて「いない」と答える人はいないと思いますが・・・

始めてのインフルエンザとにかく辛かったです、予防はもちろん必要ですがかかってしまったときどうすればよいか知っておくことも大事ですね。