浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

【Swift】「Could not build Objective-C module ‘GoogleMobileAds’」エラーが発生する

引き続き、数年前の Swift アプリのビルドエラー解消中に遭遇したエラーについてです。
「Could not build Objective-C module ‘GoogleMobileAds’」というエラーで、import GoogleMobileAds で発生していました。
Pods ディレクトリ、Podfile.lock、xcworkspace ファイルを削除して、pod install コマンドを実行して再インストールをする、という作業を試してみましたが、効果はありませんでした。

修正にあたり、参考にさせていただいた記事はこちら。

ios – Could not build Objective-C module ‘GoogleMobileAds’ – Stack Overflow
https://stackoverflow.com/questions/28730833/could-not-build-objective-c-module-googlemobileads

 

いくつか方法がありましたが、私の環境では GoogleMobileAds ライブラリを手動でインストールする方法で解決できました。
手動でのインストール方法は公式ページで詳しく紹介されていましたので、下記をご参照ください。

Get Started | Mobile Ads SDK for iOS | Google Developers
https://developers.google.com/ad-manager/mobile-ads-sdk/ios/quick-start#manual_download

作業内容としては、SDK Framework をダウンロードし、下記のファイルを、Xcode のプロジェクトにドラッグ&ドロップして追加します。

  • GoogleAppMeasurement.xcframework
  • GoogleAppMeasurementIdentitySupport.xcframework
  • GoogleMobileAds.xcframework
  • GoogleUtilities.xcframework
  • nanopb.xcframework
  • PromisesObjC.xcframework
  • UserMessagingPlatform.xcframework

こちらが完了したら、Xcode の TARGETS > Build Settings から Other Linker Flags を検索し、値の欄に -ObjC を追加します。
作業は以上です。
上記を追加後に、プロジェクトを Clean してから再度ビルドしたところ、GoogleMobileAds が正しく読み込まれるようになりました!

できれば、CocoaPods でライブラリをインストール・管理できるのが一番良かったのですが…まあ、できないならしょうがない!

 

以上、Swift アプリで「Could not build Objective-C module ‘GoogleMobileAds’」エラーが発生する時の対処方法についてでした。
ご参考になれば幸いです。

  • この記事いいね! (0)