浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

【Electron】「electron-json-storage」ライブラリを使ってデータを保存・取得する

Electron プロジェクトで、ユーザ情報などのちょっとしたデータを保存・取得する方法についてです。
使用したライブラリは「electron-json-storage」です。
localStorage と同じような感覚で使えるので、導入のハードルは低いと思います。

GitHub のページはこちらから。

GitHub – electron-userland/electron-json-storage: Easily write and read user settings in Electron apps
https://github.com/electron-userland/electron-json-storage

 

ライブラリのインストールは下記のコマンドで行います。

npm install --save electron-json-storage

サンプルコードは下記のとおりです。

import storage from 'electron-json-storage';

// データを保存
storage.set('[キー名]', [保存するデータ]);

// データを取得
const data = storage.getSync('[キー名]');

// データを削除
storage.remove('[キー名]');

他にも、全データをクリアする .clear() メソッドや、保存されているキー一覧を取得する .keys() メソッドなんかもありますが、とりあえず、上記の保存・取得・削除のメソッドを知っておけば大丈夫だと思います。

使ってみた感想ですが、本当に localStorageAsyncStorage とそっくりで、かなり使いやすかったです!
ログイン機能があるプロジェクトを開発しているなら、導入をおすすめします。

 

以上、Electron プロジェクトで「electron-json-storage」ライブラリを使ってデータを保存・取得する方法についてでした。
ご参考になれば幸いです。

  • この記事いいね! (0)