浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

【JavaScript】querySelectorAll()を使って特定の子要素を取得する

今回は、.querySelectorAll() を使って子要素を取得する方法についてです。
普段は .getElementById() を使えば事足りることが多いのですが、今回はちょっと複雑な処理だったので、.querySelectorAll() を使いました。
あまり使ったことがなかったのですが…便利ですね!

実装にあたり、参考にさせていただいた記事はこちらから。

JavaScript | querySelectorAll()で子要素を取得するパターン集 | ONE NOTES
https://1-notes.com/javascript-get-child-elements/

 

サンプルコードはこちら。
まず、要素の ID が parent の要素の子要素の内、<p> 要素だけを取得します。

let p_elements = document.querySelectorAll('#parent p');

なお、返り値は配列なので、p_element[0] のようにして、子要素を取得します。

次はこちら。
こちらのコードでは、要素の ID が parent の要素の最初の子要素を取得します。

let first_elements = document.querySelectorAll('#parent :first-child');

なお、こちらも返り値は配列です。

最後に、こちらです。
こちらのコードでは、要素の ID が parent の要素の、子要素が <div> で、さらにその子要素(parent の要素から見て孫要素)が、<p> のものだけを取得します。

let p_elements = document.querySelectorAll('#parent div p');

使い道はあまりないかもしれませんが、今回はとても役に立ちました…!

他にも、<div> タグ以外の要素を取得したり、最後の子要素を取得することもできました。
機会があれば活用したいと思います!

 

以上、JavaScript の .querySelectorAll() を使って、特定の子要素を取得する方法についてでした。
ご参考になれば幸いです。

  • この記事いいね! (0)