浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

【JavaScript】ObjectのKeyに変数の値を指定する

先日使う機会があったため、備忘録としてまとめ。
タイトルにある通り、JavaScriptObjectKey に変数の値を指定する方法についてです。
なお、こちらは ES2015 以降での記述方法です。

実装の際に参考にさせていただいた記事はこちら。

ES2015以降のJavaScriptでObjectのkeyに変数を使う – Qiita
https://qiita.com/kmagai/items/95481a3b9fd97e4616c9

 

サンプルコードは下記のとおりです。

const objValue = "object_value";
const objKey = "object_name";

const result = {[objKey]: objValue};

上記を実行すると、変数 result には {"object_name": "object_value"} という Object が格納されます。

なお、別の書き方として下記のような方法もあります。

const objValue = "object_value";
const objKey = "object_name";

let result = {};
result[objKey] = objValue;

こちらの記述方法でも、result は全く同じ値になります。
が、個人的には変数を代入するだけなのに、コードが 2行になるのがちょっと…と思ってしまったので、1つ目の方法を採用することにしました。
結果は同じなので、お好きな方を使用してください。

 

以上、JavaScript で Object の Key に変数の値を指定する方法についてでした。
ご参考になれば幸いです。

  • この記事いいね! (0)