浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

【JavaScript】文字列を任意の文字数で分割して配列に格納する

とある処理で、文字列を20文字程度で分割して、分割後の文字列を配列に格納する、という処理を実装したので備忘録としてまとめ。
正規表現を使ったので、ちょっとだけ手間取りました…。

実装には下記の記事が参考になりました。

【JavaScript】文字列を任意の文字数で分割し、配列を作成する方法 – Qiita
https://qiita.com/turmericN/items/0819317b5c075d971bfa

 

実装したコードは下記のとおりです。

const text = '[分割したい文字列]';
const regex = /.{1,20}/g;
const result = text.match(regex);

正規表現と match() を使って実装しました。
上記を実行すると、変数 result に分割したい文字列を20文字で分割した結果が、配列で格納されます。

なお、上記の参考サイトだと、正規表現のパターンは /.{3}/g だったのですが、最初それを参考に /.{20}/g と指定したところ、20文字で分割後に残った文字数が 20文字未満だった場合、その残りの文字数が変数 result の中に格納されないという現象が発生しました。
そのため、正規表現のパターンを 1~20文字という意味の /.{1,20}/g に変更しました。

分割したい文字列が指定した文字数できっちりと割り切れるなら /.{20}/g という記述でも問題なさそうでしたが、そうでない場合や文字列の文字数が分からない場合は /.{1,20}/g としておいたほうが良さそうです。

 

以上、JavaScript で文字列を指定した文字数で分割し、結果を配列に格納する方法でした。
ご参考になれば幸いです。

  • この記事いいね! (0)