浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

【Blender】 スカルプトモードで作ったオブジェクトを左右対称にする方法

VR用のアバターなどで、例えば人の顔を作りたいと思った時、左右対称につくりたいときがありますよね。

Blenderでこれをやろうとしたところ、どのような操作を行えばいいか初見でわからなかったので、今回はその方法をメモを兼ねてご紹介したいと思います。

今回は、スカルプトモードから作業を行う想定で説明していきます。

まず、画面の左上のメニューから、”編集モード”を選択します。

aキーを押してオブジェクト全体を選択し、メニューの”メッシュ”から”二等分”をクリックします。
(オレンジ色になっている部分が現在選択されている部分です。)

オブジェクトの真ん中あたりを、Z軸方向にまっすぐ指定します。
右上の座標アイコンをクリックすると座標軸が表示されるので、この軸に合わせて指定すると楽です。

このアイコンの”Y”をクリックするとX軸とZ軸が見える位置に回転したうえで座標軸が表示されます。

この状態まで来たら、左下の”二等分”と書かれているバーの矢印部分をクリックします。

すると上のようなウインドウが開くので画像の通りの値(平面の法線 X を1、それ以外の値をすべて0)を入力します。

この状態で内側をクリアをチェックすると左側、外側をクリアをチェックすると右側が消えます。

内側をクリア をチェックした場合
外側をクリア をチェックした場合

これで真っ二つにできたので、あとは片側部分を鏡面コピーして、両側に同じ変更が適用されるように設定します。

右側のパネルの赤枠部分をクリックします。

“モディファイアーを追加”をクリックし、”ミラー”をクリックします。

すると、右側部分が左側部分に鏡面コピーされ、左右対称のオブジェクトになります。

この状態で、右上のプルダウンを”編集モード”から再び”スカルプトモード”に戻します。

この状態で、右側の編集を行うと、左側部分にも鏡写しの形で自動的に変更が反映されます。

これで左右で完全にシンメトリーな造形ができるようになりました。

左右対称のオブジェクトをBlenderで作りたい!という方は是非参考にしてみてください。

参考サイト:

オブジェクトの片側半分を削除する方法 – 勝己の3DCGメモ

blender 左右対称にコピーする「ミラー」モディファイアーの使い方 – MODELING HAPPY

  • この記事いいね! (0)