浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

【React Native】アプリのデバッグを行うための「Reactotron」を導入

React Native のアプリ開発では、Cordova+React での開発時のように、Google Chrome の開発者ツールが使えないので、別途ソフトを導入しました。

導入したのは「Reactotron」で、公式サイトはこちら。

Reactotron – Inspect your React and React Native apps • Infinite Red Logo Light
https://infinite.red/reactotron

主に API との通信内容を確認するのに使っていますが、かなり良い感じです!

 

導入方法は、まず GitHub のリリースページから、任意のデスクトップアプリをインストールします。

Releases · infinitered/reactotron · GitHub
https://github.com/infinitered/reactotron/releases

次に、プロジェクトのディレクトリ直下で下記のコマンドを実行します。

npm i --save-dev reactotron-react-native

コマンドの実行が完了したら、任意の場所に ReactotronConfig.js というファイルを作成します。
内容は下記のとおりです。

import Reactotron from 'reactotron-react-native'
import AsyncStorage from '@react-native-async-storage/async-storage';

Reactotron
  .setAsyncStorageHandler(AsyncStorage)
  .configure()
  .useReactNative()
  .connect()

ちなみに、こちらのコードはインストール手順のページに載っていたものをそのまま転載しているだけです。

ファイルの作成が完了したら、index.js を開きます。
そして、下記の一文を追加してください。

import('./ReactotronConfig').then(() => console.log('Reactotron Configured'));

なお、ファイルパスは自分の環境に合わせて適宜修正してください。

最後に、プロジェクトのディレクトリ直下で下記を実行します。

adb reverse tcp:9090 tcp:9090

作業は以上で完了です!
あとは Reactotron のアプリを開き、react-native run-androidreact-native start 等のコマンドでアプリを実行してください。
設定が完了していれば、アプリが起動したタイミングで Reactotron と接続され、Timeline のタブにログが表示されます!

私は最後に実行する adb reverse tcp:9090 tcp:9090 を忘れていたためか、全然アプリをソフトが接続されずハマってしまったのですが、再度インストール手順を見直してこのコマンドを実行したところ、成功しました。
Android デバイスやエミュレータを使っている場合は、上記のコマンドを実行して Reactotron に接続できるか確認したほうがいいみたいです。

 

以上、React Native で開発したアプリをデバッグするためのアプリ「Reactotron」の導入方法についてのご紹介でした。
ご参考になれば幸いです。

  • この記事いいね! (0)