浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

【React】「Warning: componentWillMount has been renamed, and is not recommended for use.」警告の対処法

先日、Cordova アプリで使用しているライブラリに低いものが多かったので、これを機にアップデートすることにしました。
不用意なアップデートは自己の元なのは重々承知なのですが…中には余りにも古いものがあったので…。

で、React を更新してアプリを実行したところ、「Warning: componentWillMount has been renamed, and is not recommended for use.」という警告が表示されてしまいました!
警告文全文はこちら。

Warning: componentWillMount has been renamed, and is not recommended for use. See https://fb.me/react-unsafe-component-lifecycles for details.

Google 翻訳にかけたところ、「警告:componentWillMount は名前が変更されており、使用は推奨されていません。 詳細については、https://fb.me/react-unsafe-component-lifecycles を参照してください。」とのでした。
今回は分かりやすい警告文だったので、原因もわかりやすかったです。
componentWillMount 使えなくなったの!?

 

ということで、上記で紹介されている、React の公式サイトを確認しました。
こちらによると、一番簡単な方法は、componentWillMount 内で行っていることを、componentDidMount 内で実行するように変更することのようです。

実際にプロジェクトを変更して実行してみたところ、特に問題なく動作しているようです!
が、もしかしたら他にも最適な方法があるかもしれませんので、上記サイトやその他の記事も参考にしつつ、引き続き調査したいと思います。
まあ、他に良い方法がないようでしたら、componentDidMount を使う方法に切り替えたいと思います。

もし他の方法が見つかったら、またご紹介したいと思います。

 

以上、React をアップデートした際に、「Warning: componentWillMount has been renamed, and is not recommended for use.」警告が表示された時の対処法でした。
ご参考になれば幸いです。

  • この記事いいね! (0)