浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

【React】ReactでonTouchStartなどのタッチイベントを使用する方法

実際にタッチイベントを使うかどうかはわかりませんが…とりあえず備忘録としてまとめ。
タイトルにある通り、onTouchStart などのタッチイベントを React で使用する方法です。

普段は onClick を使っていて、こちらでも問題ないのですが、要素をタッチした時のクリックイベント・タッチイベントをできる限り早く発火させたいので、試しに導入してみました。

今回参考にさせていただいたサイトはこちら。

タッチイベント | React 0.13 日本語リファレンス | js STUDIO
http://js.studio-kingdom.com/react/events/touch_events

 

さて、まず事前準備として、下記のコードをコンポーネントが描画される前のタイミングで実行します。

React.initializeTouchEvents(true);

コンポーネント描画前なので、私は index.jsdeviceready が発火したタイミングで実行するようにしました。
もしくは componentWillMount() 内でもいいかもしれませんが、こちらは試していません。
なお、こちらを追加しないと onTouchStart を記述しても発火しないので、必ず追加してください。

上記を追加できたら、あとは任意の要素内で onTouchStartonTouchEnd などのお好きなイベントを追加してください。
サンプルコードはこちら。

<Button onTouchEnd={() => console.log("Button touched.")}>Touch Button!</Button>

上記では、ボタンがタッチされたタイミングで、コンソールログを出力しています。

なお、素の JavaScript の場合、「ontouchend」と全て小文字ですが、React では、「onTouchEnd」のようにキャメルケースで記述するので、その点だけご注意ください。

で、実装した結果ですが…あまり onClick イベントを使っていた時と違いがわからず…。
他に、CSS なんかも色々修正しているのでそのせいだと思いますが、何度か実機で動作を確認して、実際に使用するかどうか決定したいと思います。

 

以上、ReactでonTouchStartなどのタッチイベントを使用する方法でした。
ご参考になれば幸いです。

  • この記事いいね! (0)