浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

VRゲームを楽しむにはどんなグラボが必要か調べてみた

家にいながら体をつかった体感ゲームや、アバターを通じて、同じ仮想空間に参加するユーザーと対面してコミュニケーションをとることができるなど、現在の不用意に外へでたり人とコミュニケーションをとりづらい状況の中、より魅力的なものになってきている気がします。

ただし、VRゲームをプレイするためには、VR対応グラフィックボードや、HMDなどのハードウェアが必要になるようです。

そこで、今回はどんなものをそろえればVRがプレイ可能になるか調べてみました。

PCでのあらかたの推奨スペックについてはVRの専門情報サイトであるMoguraVRで紹介されていました。

自分のPCがVR対応か確認する方法 – MoguraVR

あらかたどのプラットフォームもCPUはIntel i5-4590 以上、グラフィックボードはnVidia系の製品で言えばGeForce GTX 1060以上の性能がひつようになるとのことで、GTX9xx世代や、末尾2桁が50以下のGTXでは買い替えが必要になりそうです。

また、AMD系ではOculus、Steam VRでは Radeon RX 480 以上、HTC VIVEでは  AMD Radeon Vega 56 以上が必要になりそうとのことです。

ちなみに、こちらもVR専門のニュースサイトVRInsideの記事では、GeForce RTX 2060 ~ GeForce 2080 ti がおすすめされています。

VRにおすすめのグラボ紹介!最適なグラフィックボードを選んでVRを快適に楽しもう! – VRInside

ちなみに、RTX 2060を選択した場合は4万~6万程度の価格帯になりそうです。

一方、VRをプレイするのに欠かせないHMDですが、主には下の3つのプラットフォームが有名なようです。

Oculus

Valve INDEX

HTC VIVE

Oculusは5万から6万の価格帯、Indexは10万前後、HTC VIVEはProエディションが同じく10万ていどとのことです。

いずれにしても、合計で10万以上はかかりそうなので、一度にそろえるのはなかなかハードルが高そうです。

VRゲームによっては、HMD無しでもプレイできるものもあるようなので、もしそういったゲームが主目的であれば、先にグラフィックボードやPCの環境を整えて、後からHMDもそろえていく形で、段階的にそろえていくのもいいかもしれないですね。

  • この記事いいね! (1)