浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

【React】グラフを簡単に描画できるライブラリ「recharts」

使ってみたいライブラリを見つけたので、忘れないように簡単にまとめます。
「recharts」というReact のライブラリで、タイトルにもある通り、グラフを簡単に描画することができるようです。

GiuHub のページはこちら。

GitHub – recharts/recharts: Redefined chart library built with React and D3
https://github.com/recharts/recharts

 

インストールは下記のコマンドを実行します。

npm install recharts --save

で、サンプルコードはこちら。

<BarChart width={500} height={300} data={data} margin={{ top: 5, right: 30, left: 20, bottom: 5, }}>
  <CartesianGrid strokeDasharray="3 3" />
  <XAxis dataKey="name" />
  <YAxis />
  <Tooltip />
  
<Legend />
  <Bar dataKey="pv" fill="#8884d8" />
  <Bar dataKey="uv" fill="#82ca9d" />
</BarChart>

こちらは棒グラフのサンプルコードです。
サイトにあるサンプルをそのままコピー&ペーストさせていただきました。

ライブラリのインポートや使用するデータは下記のとおりです。

import { BarChart, Bar, Cell, XAxis, YAxis, CartesianGrid, Tooltip, Legend } from 'recharts';

const data = [
  {
    name: 'Page A', uv: 4000, pv: 2400, amt: 2400,
  },
  {
    name: 'Page B', uv: 3000, pv: 1398, amt: 2210,
  },
  {
    name: 'Page C', uv: 2000, pv: 9800, amt: 2290,
  },
  {
    name: 'Page D', uv: 2780, pv: 3908, amt: 2000,
  },
  {
    name: 'Page E', uv: 1890, pv: 4800, amt: 2181,
  },
  {
    name: 'Page F', uv: 2390, pv: 3800, amt: 2500,
  },
  {
    name: 'Page G', uv: 3490, pv: 4300, amt: 2100,
  },
];

必要なコードはこのくらいです。
サンプルを見る感じ、本当にシンプルで分かりやすいです。
実際に使うかどうかはまだ未定なのですが、是非触ってみたいですね。

 

以上、React でグラフを簡単に描画できるライブラリ「recharts」のご紹介でした。
ご参考になれば幸いです。

  • この記事いいね! (0)