浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

【composer】packagistに数値で表現するバージョンを登録する

 以前、packagistにパッケージを登録する方法を紹介しました。
【GitHub】【composer】使いまわしたい独自ライブラリをPackagistに登録 – 株式会社シーポイントラボ | 浜松のシステム開発会社
 これだけでも外部のgitを追ったcomposerパッケージを作れるのですが、このやり方のみではdev-masterや[ブランチ名]-devを追いかけるのみで見た目が悪く、破壊的変更を含む大きなバージョンアップをすることができません(もししたら過去のパッケージユーザのプログラムが突然死します)。下図の様にバージョン番号を管理する必要があります。

 GitHubと連携したPackage登録をしていた場合、GitHubのreleaseがそのままバージョン管理の番号として登録されます。releaseの仕方はGitHubリポジトリからCode->releases->Draft a new releaseと選択して、バージョン番号を入力してPublish releaseを選択するのみです。

 composerでバージョン管理をする際に気を付けた方が良い点にバージョン情報の書式があります。セマンティックバージョニングなど何かしらの規則的な書式にしない場合、composerのバグやユーザの想定しない挙動を招きます。
 セマンティック バージョニング 2.0.0 | Semantic Versioning
 自分が良く使うセマンティックバージョニングは大雑把には、1.0.0の様なメジャー.マイナー.パッチの書式を用いて、バグ修正をしたら1.0.1、破壊的変更を含まない変更をしたら1.1.0、破壊的変更を含む大きな変更をしたら2.0.0と進めていくやり方です。

  • この記事いいね! (0)