【Vue.js】スプレッド構文と外部定義によるコンポーネントファイルの縮小化

著者:杉浦

【Vue.js】スプレッド構文と外部定義によるコンポーネントファイルの縮小化

 Vue.jsの単一ファイルコンポーネントはコンポーネントを構成するHTMLテンプレート、JavaScript、CSSを一ファイルにまとめる仕組みです。コンポーネントの構成要素全体を把握しやすい点で優秀なのですが、コンポーネントの構成要素全体を含むが故にファイルの肥大化を招きがちです。よくある肥大化を防ぐ方法の一つはコンポーネントに分割する粒度を細かくしていく方法です。理解しやすい方法なのでこれができるならこちらの方がいいでしょう。しかし分割困難かつ複雑なロジックを持つコンポーネントが現れる時があります。この状況に対応するため、ロジックを外部ファイルに定義、コンポーネントはロジックを呼び出すのみ、呼び出し方はスプレッド構文で安全に簡単に記述、という方法を考えます。
 スプレッド構文はJavaScriptの記法の一つです。正直滅多に使いません。
スプレッド構文 – JavaScript | MDN
 ここではObjectに関するスプレッド構文を扱います。動作は次の通り。public property限定の継承のといってもそう間違っていない印象があります。

var obj1 = { foo: 'bar', x: 42 };
var obj2 = { foo: 'baz', y: 13 };

var clonedObj = { ...obj1 };
// Object { foo: "bar", x: 42 }

var mergedObj = { ...obj1, ...obj2 };
// Object { foo: "baz", x: 42, y: 13 }

// https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/JavaScript/Reference/Operators/Spread_syntax#Spread_in_object_literals
// スプレッド構文 - JavaScript | MDN#Object リテラルで使う

 注意点として浅いコピーなためコピーしたObjectとコピー元Objectの両方がネスト先の参照を共有する点があります。まあ不変な対象をコピーするならばshallow copyもdeep copyも変わらないのでそういう時は何も気にせず記述して大丈夫です。
 スプレッド構文を利用してVue.jsのコンポーネント中で定義を呼び出します。例えば、VuexのmapHoge系です。

computed: {
  // オブジェクトスプレット演算子で、外のオブジェクトとこのオブジェクトを混ぜる
  ...mapState({
    // ...
  })
  // コンポーネント個別のcomputedメソッド
  localComputed () { /* ... */ },
}
// https://vuex.vuejs.org/ja/guide/state.html#%E3%82%AA%E3%83%96%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%83%88%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%89%E6%BC%94%E7%AE%97%E5%AD%90
// ステート | Vuex

 Vuexのステート参照用メソッドを返すmapState関数の結果をスプレッド構文でコピーして、コンポーネント独自のcomputedメソッドと混ぜ合わせます。これでcomputedの中は次のように書いたのと同じになり楽できます。

computed: {
  // mapStateの結果が展開
  storeComputed1 () { /* ... */ },
  storeComputed2 () { /* ... */ },
  storeComputed3 () { /* ... */ },
  // コンポーネント個別のcomputedメソッド
  localComputed () { /* ... */ },
}
// https://vuex.vuejs.org/ja/guide/state.html#%E3%82%AA%E3%83%96%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%83%88%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%89%E6%BC%94%E7%AE%97%E5%AD%90
// ステート | Vuex
  • この記事いいね! (1)

著者について

杉浦 administrator