浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

[小ネタ]bootstrapのバージョンを調べる方法

簡単にリッチな画面デザインを表現できるフロントエンドライブラリの一つにBootstrapというのがあります。

Bootstrap

BootstrapはTwitterが中心に開発しているデザインフレームワークです。

Bootstrapには機能を拡張できるプラグインが複数存在しているのですが、Bootstrapのバージョンごとに使えるプラグインが異なっていたりすることがあります。
一方Bootstrapは単体での配信だけでなく、Laravelなどのフレームワークにバンドルされて配布されていたりすることもあります。

そういった場合、”一体どのバージョンのBootstrapが入っているのかわからない…”といった場合も出てきます。

Bootstrapには特にcuiツールとかないですし、どうやってバージョン調べるんだろう…と疑問に思い、調べてみました。
すると、簡単に調べられることがわかりました。

Smarty、Bootstrapのバージョンを確認する – misc.log

Bootstrapを構成しているファイルに、”bootstrap.css”というファイルがあるのですが、このファイルの先頭部分に

/*!
 * Bootstrap v4.1.0 (https://getbootstrap.com/)
 * Copyright 2011-2018 The Bootstrap Authors
 * Copyright 2011-2018 Twitter, Inc.
 * Licensed under MIT (https://github.com/twbs/bootstrap/blob/master/LICENSE)
 */

こんな風にバージョンが書かれていました…w

こんな風にコメントにも大事な情報が載っていることがあるので 、必要ないからと言って削除してしまうのはよろしくありません。

ちなみに動作を変更したい場合は、CSSやオブジェクト指向の言語などであればコードを別ファイルに追記することで動作を上書きすることができますので、なるべくそういった方法を使うようにしたいですね。

  • この記事いいね! (0)