浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

【JavaScript】正規表現で文字列からHTMLのaタグを抜き出す方法

今後も絶対に使う機会があると思うので、備忘録としてまとめます。
HTMLの aタグ を正規表現で抜き出す方法についてです。
と言っても、JavaScript は match() もしくは replace() を使えばOKなので、aタグ かどうかを判断するための正規表現そのものを記載しておきます。
今後使うかもしれないものでも、こうしてメモしておかないと忘れるので…。

 

今回参考にさせていただいた記事はこちらから。

正規表現でHTMLタグを<a.*?</a>でマッチさせるのは間違っている|iwb.jp
https://iwb.jp/javasctipt-html-regexp-match/

タイトルにもある通り、aタグを <a.*?</a> という正規表現で判断するのは間違っているとのこと。
上記の正規表現でも aタグを抜き出すことはできますが、仮に addressタグがあった場合、こちらにも一致してしまうため、正しい結果にならないことがあるとのことでした。
幸い、私が開発しているプロジェクトでは、addressタグを使うことはないと思いますが、念には念を入れ、この記述方法は却下しました。

で、正しい記述がこちら。

const result = [aタグを抜き出したい文字列].match(/<a(?: .+?)?>.*?<\/a>/g);

上記を実行すれば、変数 result に文字列から抜き出した aタグが格納されます。
なお、正規表現最後の g は繰り返しマッチングを行うかどうかを指定するものです。
これがないと、もし文字列に複数の aタグがあった場合、最初の aタグだけしか抜き出さないので、もし文字列に複数の aタグが含まれ、かつそれらをすべて抜き出したい場合は、g を指定しておく必要があります。

 

以上、JavaScript の正規表現で HTML の aタグを抜き出す方法でした。
なお、今回のサンプルコードでは match() を使い、aタグを抜き出しましたが、置換を行いたい場合は replace() を用いてください。

  • この記事いいね! (1)