浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

【Cordova】画像をBase64に変換するプラグイン「cordova-plugin-base64-joewsh」

昨日、JavaScript で画像をBase64に変換する方法について紹介しましたが、Cordova にも似たようなプラグインがあったのでこちらについてもご紹介。
機能を実装したかったのが Cordova アプリなので、結局こちらを採用しました。

GitHub のページはこちらから。

GitHub – Joewsh/cordova-plugin-base64-joewsh: Plugin to encode image files to base64
https://github.com/Joewsh/cordova-plugin-base64-joewsh

 

実装は、まず下記のコマンドでプラグインをインストールします。

cordova plugin add https://github.com/Joewsh/cordova-plugin-base64-joewsh.git
// または
cordova plugin add cordova-plugin-base64-joewsh

そうしたら、Base64 に変換したい画像を、下記の関数の引数に指定して、関数を実行します。

window.plugins.Base64.encodeFile([変換したい画像パス], function(base64){
    // 行いたい処理を記述
    // 変換後の画像は、変数 base64 に格納されています。
});

引数には、他にも失敗時のコールバック関数と画像サイズのオプションも指定できましたが、特に必要なさそうだったので、今回は割愛しています。

で、取得した結果を img タグsrc 属性に格納したところ、問題なく画像が表示されました。
画像の変換処理自体は問題なく実装できたようです。

が、結果を API に投げたところエラーに…。
どうやら正しい形式ではないと判断されているみたい?
これはまた別の問題のようですので、引き続き調査します。

 

以上、Cordovaアプリで画像をBase64に変換するプラグイン「cordova-plugin-base64-joewsh」のご紹介でした。
導入も実装も簡単なので、画像の変換を行いたい方は是非ご検討ください。

  • この記事いいね! (0)