浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

任意のJSONを返すサーバーを簡単に作るJSON Serverの紹介

json-server – npm
 JSON ServerはJSONファイルに書いた内容をそのままJSONとしてレスポンスしてくれるHTTPサーバを簡単に立てるパッケージです。使い方は簡単。

npm install -g json-server

 でjson-serverをインストール。必要があればglobalでなくしてプロジェクトに入れておきます。次に、任意の場所に適当なjsonファイルを置きます。例えばdb,jsonというファイル名で次の内容が記述されたものをC:\tmpの中に入れておきます。

{
  "profile": { "name": "typicode" },
  "spot": [
    {"id":1, "X":-140987.23691179, "Y":-71607.046446965, "lat":34.726604791, "lng":137.718115230},
    {"id":2, "X":-140987.23691179, "Y":-71607.046446965, "lat":34.726604791, "lng":137.718115230}
  ]
}

 この状態で

json-server --watch C:\tmp\db.json

 とコマンドを打てば、これでjsonレスポンスを返すサーバーが立ちました。こうすると次の様な画面になります。

 Resourcesに定義したjsonへのURLが記述されています。この通りにアクセスすると次図の様にjson形式のレスポンスが返ってきます。

 watchというコマンドから連想できるようにjson-serverはjsonファイルを監視しています。記述を変える度に再起動する手間も必要なく便利です。APIに関連するテストモックなどでよく使えます。

  • この記事いいね! (0)