浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

【PHP】文字列からHTMLタグを取り除く「strip_tags」関数

特殊文字を HTMLエンティティに変換する「htmlspecialchars」関数はたまに使いますが、こちらは実はあまり使ったことがなかったので、自分用のメモとしてまとめ。
HTMLタグ や PHPタグ を取り除いてくれる関数「strip_tags」です。

PHPマニュアルはこちららから。

PHP: strip_tags – Manual
http://php.net/manual/ja/function.strip-tags.php

 

使い方…といってもとても簡単で、下記のように、ただ削除したいHTMLタグを含む文字列を引数に入れるだけです。

$result = strip_tags([変換したい文字列]);

上記を実行すると、HTMLタグ等が削除された文字列が、変数 $result に代入されます。

また、第二引数で、削除から除外するタグを指定することもできます。

$result = strip_tags([変換したい文字列], '

<b>');

上記を実行すると、<p>タグ<b>タグ を除いて、HTMLタグやPHPタグを削除してくれます。
なので、文字列の装飾に関するタグは残したいけど、それ以外のタグは削除したい!というときに使えますね。

使い方としては以上です。

なお、HTMLタグは無効にしたいけど、タグが削除されては困る!というときには、htmlspecialchars を使いましょう。
こちらの関数は、<p>文字列</p>&lt;p&gt;文字列&lt;/p&gt; に変換し、HTMLタグを無効にしてくれます。
状況に応じて使い分けてください。
※なお、本当なら &lt; と &gt; の最初のアンパサンドは小文字なのですが、表示の都合上、大文字で記載しています。

 

以上、HTMLタグを削除してくれる「strip_tags」関数についてでした。
まとめるほどでもなかったですが…使用頻度の低い関数はあっという間に忘れてしまうので、いつかの私のためにまとめておきます。

  • この記事いいね! (0)