浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

AWS EC2 でストレージ容量を拡張する方法

急遽テストで使用しているAWS EC2インスタンスのボリューム(EBS)を拡張する必要が出てきたのですが、思ったより簡単にできました。

まず、ダッシュボード上の”ボリューム”をクリックします。

現在使用中のボリュームの一覧が出てくるので、その中から拡張したいボリュームを右クリックし、”ボリュームの変更”をクリックします。

すると下記のようなウインドウが出現。

サイズに拡張後の容量を入力します。

これでAWS上での手続きは完了で、ボリュームの拡張は行われますが、実際に拡張分の容量を利用できるようにするためにはOS上でパーティションの拡張を行う必要があります。
ありがたいことに、このコマンドはOSを起動したまま実行可能です。

まず、拡張対象のデバイスパスを確認します。

sudo lsblk
NAME    MAJ:MIN RM SIZE RO TYPE MOUNTPOINT
xvda    202:0    0  10G  0 disk
└─xvda1 202:1    0   8G  0 part /

今回の目的のディスクはxvda1です。

AmazonLinux2では下記のように行います。

sudo growpart /dev/xvda 1 #パーティションを拡張
CHANGED: partition=1 start=4096 old: size=16773087 end=16777183 new: size=20967391,end=20971487
sudo xfs_growfs /dev/xvda1 #ファイルシステムを拡張(xfsの場合)
meta-data=/dev/xvda1             isize=512    agcount=4, agsize=524159 blks
         =                       sectsz=512   attr=2, projid32bit=1
         =                       crc=1        finobt=1 spinodes=0
data     =                       bsize=4096   blocks=2096635, imaxpct=25
         =                       sunit=0      swidth=0 blks
naming   =version 2              bsize=4096   ascii-ci=0 ftype=1
log      =internal               bsize=4096   blocks=2560, version=2
         =                       sectsz=512   sunit=0 blks, lazy-count=1
realtime =none                   extsz=4096   blocks=0, rtextents=0
data blocks changed from 2096635 to 2620923
df -h #変更結果を確認
Filesystem      Size  Used Avail Use% Mounted on
devtmpfs        476M     0  476M   0% /dev
tmpfs           493M     0  493M   0% /dev/shm
tmpfs           493M  516K  493M   1% /run
tmpfs           493M     0  493M   0% /sys/fs/cgroup
/dev/xvda1       10G  7.7G  2.4G  77% /
tmpfs            99M     0   99M   0% /run/user/1000

これで無事拡大されました!

  • この記事いいね! (0)