浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

文字コードを利用して文字をforで回す

 文字コードは文字を数字で扱う仕組みです。各数字と各文字が一対一の関係で対応しています。この記事では文字コードの一つであるASCIIを利用します。ASCIIの対応の大きな分類は次の表のとおりです。ASCII – Wikipediaより引用

コード範囲(16進) 内容
00-1F 制御文字
20 空白
21-7E 図形文字
7F 制御文字(DEL)

 図形文字はいくつかの記号とa-zA-Z0-9、おおざっぱにはキーボードのローマ字入力で直接打てる文字です。キーボードに詳しくないのでまあ多分そんなものぐらいの気持ちで。Ascii Table – ASCII character codes and html, octal, hex and decimal chart conversion
 知る限りのプログラミング言語にはこのASCIIと数字を変換する機能が備わっています。これを利用すると文字列をforで回せます。Excelシートと関係のあるプログラムを書いたりする時、特に便利です。最近よく使用している言語であるphp,javascriptでの例が次です。
 phpならばchr関数を利用して次の様な感じです。PHP: chr – Manual

<?php
for($i = 97;$i <= 122;$i++){
    echo chr($i);
}
for($i = 65;$i <= 90;$i++){
    echo chr($i);
}


javascriptならばString.fromCodePoint()関数を利用して次の様な感じです。String.fromCodePoint() – JavaScript | MDN

String.fromCodePoint.apply(null,Array.from({ length: 26 }, (_, i) => i+65));
String.fromCodePoint.apply(null,Array.from({ length: 26 }, (_, i) => i+97));

  • この記事いいね! (0)