浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

markdown(*.md)形式のファイルを開けるビュアーアプリ”markcat”

HTMLよりも簡単に書式付きの文章が書け、GitHubやBacklogなどの主要な開発コミュニティサイトなどでもつかわれる”Markdown”ファイルですが、よく使われている割には定番のビュアーなどがなく、標準の状態ではMarkdownのビューを見るには実際にMarkdownが動作するWebサービスなどに置くか、あるいはエディタなどについているMarkdownのプレビュー機能などを用いるしかありません。

しかし、内容を確認するためにわざわざWebサービスにアップロードするのも手間ですし、エディタのプレビュー機能もソースコードも一緒に表示されてしまうのは煩わしい上、間違えて触ってしまいそうで落ち着いて見れないという欠点(?)があります。

ということで、デスクトップ上でmdファイルを開いた際に、レイアウト込みかつソースを表示しない、いわゆる”ビューアー”を探したところ、よさげなアプリを発見しました。

markcat – エクスプローラーやFinderから素早く利用できるMarkdownビューアー – SOFTANTENNA BLOG

markcat というアプリです。

Windows(64bit)向けとmacOS向けが公開されています。
mac版はまだ触っていないですが、Windows版についてはインストーラーはなく、解凍すればそのまま使えます。

早速試してみます。

とりあえず適当にMarkdownファイルを作成。

これをmarkcatで表示してみると、

こんな感じで表示できます。

白基調のカラーテーマも用意されているので、どちらか見やすい方をえらぶことができます。

あとはOS側の設定で”.md”の拡張子がついたファイルをmarkcatと関連づけをしておけば、mdファイルをダブルクリックしただけでmarkcatが開くようになります。
とても便利です。

Markdownをもっと活用したい、と考えている皆さんは是非一度試してみてはいかがでしょうか。

  • この記事いいね! (0)