【CSS】CSSで変数が使えるという「カスタムプロパティ」が便利そう

村上 著者:村上

【CSS】CSSで変数が使えるという「カスタムプロパティ」が便利そう

今日、偶然に見つけて便利そうだったので、簡単にではありますがまとめてみました。
CSS変数」「カスタムプロパティ」「CSS Variables」と呼ばれているもので、CSSで変数が使える、というものでした。

なお、偶然見つけたサイトはこちら。

CSSで変数(カスタムプロパティ)を使ってみよう
https://www.webcreatorbox.com/tech/css-variables

 

で、気になる使い方ですが、まず変数の定義は下記のように行います。

:root {
    --item-padding : 10px;
}

:root」の中で定義すると、グローバル変数のように使用できるとのこと。
変数の宣言は「」から始め、任意の名前を付けます。
それを「:」で区切り、変数の値を定義します。
上記では「–item-padding」という名前のグローバル変数に「10px」の値が定義されている、という意味になります。
なお、値は数値だけでなく、「center」などの文字列や、「#F00」という色コードもOKとのこと。
また、変数名は、大文字と小文字が区別されるため、「BackColor」と「backColor」は、別の変数として判断されます。

使用するときは、下記のように指定します。
.item {
padding : var(–item-padding);
/* padding : 10px と同義 */
}
var()」の中に、定義した変数名を指定すると、その変数の値を使用できます。
ちなみに、以前紹介した calc() との併用も可能で、下記のように書くこともできます。

:root {
    --item-padding : 10px;
}

.content{
    padding : calc(var(--item-margin) * 2);

 

また、変数の中で変数を呼ぶこともできるそうで、下記のようにして、背景をグラデーションにすることもできるとのこと。

:root {
  --main-color: #7117ea;
  --sub-color: #ea6060;
  --bg-gradation: linear-gradient(135deg, var(--main-color) 0%, var(--sub-color) 100%) fixed;
}

body {
  background: var(--bg-gradation);
}

body で書かれている、背景色を設定している部分の記述がとてもシンプルですね!
ただ慣れていないと、上の :root の中で、何を書いているのかが分からなくなりそう…。

さらに、CSSで記述した変数を、JavaScriptで利用する、という方法もあるそうですが…まだ使いこなせそうにないので、いったんこちらは置いておきます。
気になる方は、ブログ冒頭で紹介した記事をご覧ください。

そして、肝心の対応ブラウザですが、Chrome, Firefox, Safari, Edgeなどに対応しているとのこと。
IEは…乞うご期待!というところでしょうか。
メジャーなブラウザにはほぼ対応しているみたいなので、試しに使ってみるのもよさそうですね。

  • この記事いいね! (0)

著者について

村上

村上 administrator