Java系 IDE用の日本語化ライブラリ “Pleiades” でAndroidStudioを日本語化

takahashi 著者:takahashi

Java系 IDE用の日本語化ライブラリ “Pleiades” でAndroidStudioを日本語化

高橋です。
皆さんはPleiadesをご存知でしょうか?

Pleiadesとは、”Eclipse” “Intellij IDEA(Android Studio)” などのJava製IDEのUIを日本語にしてくれる、日本語化プラグインです。
特にEclipseは毎バージョンごとに組み込み済みのバージョンがPleiadesの公式サイトから配信されています。

ただ、今までは、Eclipseの日本語化がメインな印象で、ほかのツールにも翻訳をあてることはできていたものの不完全でした。

ところが、先日久々に公式サイトを確認したら、Pleiades自体のバージョンがかなり進んでいまして、

なんとAndroidアプリの開発に必須のツール、”Android Studio”の完全日本語化に対応していました!
従来のPleiadesでも日本語化はできたのですが、一部のみ翻訳されるだけでほとんど英語のままでした。

Android Studioはちょっと難解な部分もあるので非常にありがたいですねw

早速適用してみました!

まず、サイトからPleiadesの最新版を入手します。

Zipファイルが入手できるので、解凍すると中に”setup.exe”というファイルがあるので実行します。

下のような画面が表示されます。

“選択”をクリックします。

ファイル選択画面が開くので、Android Studioのexeファイルを選択します。

情報が出てきたのを確認して “日本語化する”をクリックします。
これで日本語化は完了です。
実際に表示を確認してみます。

ダイアログからメインの画面、プルダウンメニューに至るまでバッチリ日本語化されていました。

Android開発入門したいけど、英語のUIが原因でなかなか手が出せなかった…という方は是非試してみてはいかがでしょうか…?

 


※この記事は以前自分が書いたものを一部修正して投稿しています。
  • この記事いいね! (1)

著者について

takahashi

takahashi administrator

Webエンジニア。 趣味で自宅サーバーを稼働中。 ファンタジーが好き。