タグアーカイブ NAS

著者:ym

RAID6の復旧

今日はファイルサーバのトラブル。

ここん所 1 週間くらい、なんだかアクセスやファイルを開くのが遅いなとは思っていましたが、今日、仕事にならないレベルに達し、原因調査を行いました。

QNAPの管理画面ではRAID構成も正常で、SMARTチェックをかけても正常。さらに調査していくと、LEDの点滅状態が HDD 一つだけ怪しいのを発見しました。SMARTパラメータを見てみると、やはりディスク1本だけ代替セクタが増えていて、これが原因と断定。

QNAPのホットスワップ対応品なので、電源ON状態で交換開始です。RAIDは正常なのに強制的に引っこ抜きます。

QNAPなのでLinuxのソフトウェアRAID。

バックアップはあるけど、全滅する可能性を秘めているので、ドキドキワクワクです。

RAID6 で HDD は 5 本構成。最大 2 本まで故障できる。高スペックを要求されない部分で、少しでも管理コストを軽減するために選んだ構成。当然予備ディスクも必須で常設。一方バックアップ側は、Windows サーバを使いシャドーコピーを利用できる様にし、共有サーバ側のファイルを右クリックすることで自分でも復旧できるバックアップとして使っています。勿論それは担当者レベルでできる復元機能として用意しているだけで、実際は iSCSI ストーレジを QNAP 側で担当し、ブロックレベルでは無く、ファイル単位ベースで全てのバックアップを取る形。こうやってバックアップをとり、不安材料を減らしています。

とか言って、まだ全壊の可能性は残ってるんですけどね。無事HDD交換を済ませ、只今RAID6 のリビルド中です。

ドキドキ。

  • この記事いいね! (0)
著者:ym

QNAPとSSDキャッシュ

買おう買おうと思いながらも、全然買わない。買えない状況ではありますが。

QNAP の家庭向けグレードに新製品が加わっていました。

4 スロットでは大すぎるけど、でも 2 スロットの RAID1 ではな、とも思っていたのでジャストな 3 スロット。

そういう使い方ではなく、RAID1 + 1 スロットをSSDキャッシュアクセラレーションとして使うこともできます。

勿論 1 本オフライン待機は必要ですが。

VMware上でFreeBSDのNAS化したサーバを動かしているものの、ほぼバックアップとして動いている状況。

さらにはクラウド・ストレージ+PC接続DASという構成でほぼ生活に満足している現状があるので、なかなかNASの必要性を感じないのですが。

Docker含めて仮想化も充実してるし魅力的なアプリ機能が登載サれているので、いつか手を出したい所ですが、今の所見るだけ。

  • この記事いいね! (0)