カテゴリーアーカイブ 仮想現実

takahashi 著者:takahashi

“妖怪ウォッチ”の世界が現実化!? 位置情報ARゲーム”妖怪ウォッチ ワールド”

きっとこれは妖怪のせい…(オイ
どうも、最近夏バテ気味なたかはしです。

最近、”妖怪ウォッチ”のスマホ版ゲームが出たことを知ったのですが、内容がなかなかすごかったので取り上げてみたいと思います。

その名も、”妖怪ウォッチ ワールド”

Googleアカウント(Playゲーム)でユーザー登録して早速ログイン。


唐突に妖怪ウォッチの正当な所有者に選ばれちゃいましたw


ログインすると地図が表示されます。
実際には現在地が表示されるようですが、今回はチュートリアルなので、東京某所のエリアが表示されています。

右下に妖怪ウォッチアイコンがあり、クリックすると

サーチモードに移行。

はてなアイコンなら見えましたよウィスパーさん。


了解!
タップしてみますね。


するとカメラが起動。
…何やら空間内を紫色の靄が動き回っています。

この靄を、画面中央の円内に一定時間とらえ続けないといけないようなのですが、この靄が結構すばしっこくて、思わずあたふたしてしまいましたw

なんとかとらえ続けると、この靄が招待を表し…

</a

なんとオフィス内にジバニャンが!!!
なんだかやる気満々の様子。
どうやらここでバトルが始まるようです。


この後、チュートリアルの動画が再生されるのですが、
説明してくださる方はなんと超有名な有名なあの方…!!!

一体だれが出演するのかは、是非アプリで確かめてみてくださいw

しかしバトルとは言っても、自分まだ手持ちの妖怪(?)いないっすよ…?

と思っていたら…

なんと初期の時点で仲間の妖怪が!
流石ウィスパーさん、かなり親切ですw

バトルは基本的に自動進行します。
が、仲間側の妖怪たちが状態異常になったり、体力が減ってきた場合に、控えの妖怪と入れ替えたりなどを行ってバトルを有利に進めることができます。
また、妖怪たちが持つ必殺技の発動なども、プレイヤーが行わせることができるようです。

ちなみに、妖怪に勝つと、場合によって仲間になってくれる場合もあるようです。
自分がまるで妖怪ウォッチの世界に入ってしまったかのような気分で楽しむことができますw

ちなみに、ゲームをプレイしていてふと、Pokemon Goに非常によく似ているなーと感じ、まさかNiantic社と妖怪ウォッチの版元であるLevel-5社がコラボしたのか…!?
と思ったら、なんと

パズドラ などで有名なGungHo社とLevel-5社のコラボで製作されていました…!
ただし、地図データはGoogleMapを使っているようで、地図データは完全にNiantic社系アプリと同じ情報源となっています。

今までこのタイプのゲームはほぼNiantic社しか出していないような印象で、今回初の競合他社が現れたか!?といった感じでした。

Niantic社のIngressやPokemon Goがヒットした理由として、そのゲーム性の面白さもありますが、現実世界で遊ぶことによって、ほかのプレイヤーの方々とのつながりやコミュニティ、そしてイベントの開催などによってよりコミュニケーションをとることができる”場”を提供してきたことが大きな要因となっています。

GungHo社とLevel-5社の今回の試みでも、ゲーム世界の内側外側両方で魅力を付加することができるのか。
是非注目したいですね。

妖怪ウォッチ ワールド公式サイト

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

INGRESSと伊藤園がコラボした”売らない自販機”XMProfilerで遊んでみた!

前から伊藤園は位置情報ゲームのINGRESSとのコラボレーション企画にかなり力をいれていますが、勢いのあまり、”状態が可視化されて確認できるポータル”マシンを作ってしまっています。
“XMProfiler”っていうんだけど…

ITOEN × INGRESS XM-Profiler – 面白法人カヤック
面白法人カヤックさんが作られていたんですね…!
知りませんでしたw

このXMProfiler、全国に3台(今度4台目が設置されるらしい?)しかなく、しかも首都圏に集中しているのでなかなか見る機会はなかったのですが、今回はそのうちの一台、XM Profiler OSAKA を先日たまたま機会があって実物を見ることができました!

思ってたよりも質感が凄い…
上部画面はエリアランキングやインストール済みMODなどのXMProfilerに内蔵(?)されているポータルの情報などが表示されています。


そして下部にはポータル本体とそこに刺さっているレゾネーターとその所有者の情報が。
自分のレゾネーターが刺さっているのを見ると、普段以上にしてやったぜ感が倍増しますw


現地でスクショを取り損ねてしまったので、代替えのスクショで申し訳ないですが、XMPでこうやって攻撃した際やレゾネータ等を破壊したときに、連動してXMProfilerから被攻撃音が鳴ります。普通のポータルを攻撃したときに比べて結構臨場感がありました。
これは面白いですw

単純に位置情報単体で考えるとナビのような便利ツールに流れがちですが、工夫次第でこんな面白いことができるんだなぁと考えると、ちょっと刺激になりますよね。

ちなみに…


XMProfilerはmacOSで動いているようです…w

組み込み機器でmacを使用するってなかなか珍しい気がします。
いろいろな意味でレアなXMProfilerでした。

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

Windows 10に標準で付属しているMRツール “Mixed Reality ビューアー”がさらにパワーアップ。なんとアニメーションもとれるように。

知らないなんて勿体ない!!! 手軽にリアルなARを楽しめる Windows標準搭載のARアプリが面白い!

以前こちらの記事でご紹介したWindows標準ツール”Mixed Reality 3D”ですが、久々に開いてみたらさらにパワーアップしていました!!!

なんと3Dキャラクタにアニメーションがついて、さらにカメラで撮影した景色の中を自由に動かせるようになっていました!!!

また、左下にはアニメーション切り替えボタンがあり、オブジェクトによってアニメーションの種類の数は異なりますが、いろいろなモーションをキャラクターにさせることができます。

Mixed Realityモードでは、PCにカメラが備わっていれば実際に現実世界の映像と合成することができます。

これらのモーションをうまく使って、迫力のある映像を作ることが可能です。
ちなみに解像度もちゃんとカメラと同じ粗さに合わせてくれるので、違和感のない映像を撮影することができます。

折角OSに標準搭載されていますし、手軽にMRに触れることができる素敵な機能なので、是非遊んでみてはいかがでしょうか?

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

[Google I/O]次世代のGoogle Mapでは、AR世界で狐が行き先まで案内してくれる!

まるでファンタジーの世界

先日開催されたGoogleの発表会イベント “Google I/O”でGoogle Mapの新機能 “ARナビ”を発表しました。

Googleマップ、案内キャラを追えば着くARナビをデモ。GPSとVPS併用、カメラで店舗の名前も – engadget

発表された内容によるとこのアップデートで、なんとカメラに映った風景に、目的地への道順などが直接表示できるようになるようです!

さらに、狐のキャラクターが目的地まで先導してくれる機能も搭載されるということで、ただの移動時間をファンタスティックな体験に変えてくれそうな予感がします。超楽しみ。

個人的な考えですが、将来的に追加コンテンツとかで人気の版権キャラクターや、自分でモデリングしたキャラクターモデルをアップロードして、そのキャラクターに案内してもらえるような機能が実装されたらもっと素敵になるような気がします。
Googleさん、何卒ご検討の程….!!!(←

ちなみに、Google Mapでは、今年の3/14に、いままでGoogleMap上に構築してきた地図データや3dモデルデータなどをAPI提供し、Unityと連携してARゲーム制作の材料にできるサービスを発表しています。

世界中の実際の場所が“ゲーム”に――「Google Maps API」を使って世界をモデルにしたAR対応のゲーム開発が可能に – @IT

いよいよ、ただの便利アプリとしてだけではなく、地図を使った新しいエンターテイメントを作り出す方向に本腰を入れ始めた感が出てきましたね。

期待を集めているAR機能の発展が思うように進んでいない現状で、今回のGoogle Mapのような取り組みがその突破口になって、急速に開発が進むなんてこともあるかもしれません。

楽しみですね。

  • この記事いいね! (1)
takahashi 著者:takahashi

人気上昇中!?コミュニケーションに特化した新しいVR空間”VRChat”

現実世界で最大のVR空間…というと、SecondLifeが非常に有名ですよね。
個人的な感じ方ですが、SecondLifeは本当の意味でのVR空間を目指していたような印象です。

具体的には、ただコミュニケーションするだけでなく、VR空間内でいろいろなものを3Dオブジェクトで作ったり、販売したり、またLSLという独自のスクリプト言語を使うことで、アバターに特定の動作をさせたり、仕掛けを用意したりすることも可能な仕様です。

一方、最近になって新しいVR空間が人気を集め始めています。

その名も、”VRChat

最近、ネット上でにわかに人気を集めています。
このVRChatですが、一見すると非常にSecondLifeに似ているように思えます。

何かSLと比較できる点とかあるかなーとか思ったのですが、

バーチャル無法地帯『VRChat』の歩き方…今日から遊べるカオスな溜まり場 – GameSpark

こちらの記事を確認する限りではほぼSLと変わらない雰囲気です。
ただ、こちらのサービスは黎明期ということもあり、現在世界中の多くの人でにぎわっているようです。
VRChatの世界でも、自分で好きなアバターを入手、もしくは制作することで、好きな姿で参加することができます・
また、SLでいうリージョンのように、ワールドという仮想空間を作成することも可能です。

唯一SLと違う点としては、HMDを使用することが前提(PCでの利用も可)のサービスとなっていたり、モーショントラッキングができたりと、最近のVR技術に最適化されている部分があるようです。

ただ、SLのようにゲーム内での細かい規約がまだ設定されていないようで、自由度がかなり高いものとなっていますが、上記の記事にもあるように一部無法地帯となってしまっている部分もあるようです。

VRが発達して再び活気がつき始めた仮想空間サービス。
プレイ環境が誰でも比較的入手しやすくなった今こそ、面白いことになっていくのではないかというワクワク感を感じました。

VRChat公式サイト(英語)
VRChat 日本WiKi

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

知らないなんて勿体ない!!! 手軽にリアルなARを楽しめる Windows標準搭載のARアプリが面白い!

一時期なんとなーく鎮静化ムードだったAR(MR)周りですが、最近になってAppleがiOSで”AR Kit”というARライブラリを公開してから、Pockemon GOなどでリアルなARとして使われるようになるなど、にわかに活気がつき始めている印象があります。

そんな中、MicrosoftはWindows10発表と同時にMicrosoft Hololensなどを発表し、他の企業がなかなか進められなかったARに、かなり力を入れて来ていました。
現在もMicrosoftはWIndowsのAR機能に力を入れ続けているようで、一つ前のメジャーアップデート “Creators Update”で3Dオブジェクトの簡易作成機能を搭載した”3Dペイント”を搭載し、現在の”Fall Creators Update”ではさらにいろいろな3D関連の機能が追加されました。

今回はその中で簡単にリアルなARが楽しめるWindows 標準アプリ  “Mixed Realityビューア”を紹介したいと思います。

遊び方は超簡単。

まず起動すると上のような謎のアヒルのキャラクターが現れます。
ドラックしてぐりぐり動かすことで、3Dオブジェクトをいろんな角度から眺めることができます。

ここまでであればただの3Dビューア―アプリなのですが、面白いのはここから。

ウインドウ上部のメニューから”Mixed Reality”アイコンを選択します。

するとカメラが起動し、手が出てきてカメラに写っている平面をクリックするように促されるので、実際にクリックしてみます。

するとカメラで写っている平面に乗るような形で、先程のキャラクターが現れます!

すごいのは、カメラを動かすと、キャラクターもちゃんとその動きに追従して動く点。
マーカーもないのにここまで綺麗に追従してくれるのは、なかなか面白いです。

好みのアングルが決まったら、右側の白丸をクリックまたはタップすると、撮影もすることができます。

このキャラクターですが、デフォルト以外にもいろんなキャラクターやオブジェクトが用意されています。

飛行船や

建物。

恐竜や

なんとペガサスまで!!!
これらはすべて画面上部にある”Remix 3D”から入手できます。

これらのオブジェクトを使ってちょっと遊んでみました。

こちらは先ほどのデフォルトのアヒルのキャラクター。

腕に乗せられてますがなんだか不満そうです(笑

ふくろうのキャラクターをペン先に止まらせてみたり…

ペガサスを手に泊まらせてみたり!

極めつけは…

手乗りドラゴン!!!
ファンタジー好きなら一度はあこがれるシーンが、簡単に撮れちゃいます!!!

Remix 3Dですが、自分がつくったオブジェクトもアップロードができるようで、この仕組みが活性化していってオブジェクトの数が増えていったらもっと面白いことができそうな気がします!

残念なのは公式でこれらの機能の宣伝がまだあまりされていない点。

マイナーな機能になってしまうのは本当にもったいないぐらい面白い機能なので、興味を持った方は是非一度試してみてはいかがでしょうか…!

Windows Mixed Reality Viewer – Microsoftストア

 

  • この記事いいね! (0)