カテゴリーアーカイブ 仮想現実

takahashi 著者:takahashi

[Google I/O]次世代のGoogle Mapでは、AR世界で狐が行き先まで案内してくれる!

まるでファンタジーの世界

先日開催されたGoogleの発表会イベント “Google I/O”でGoogle Mapの新機能 “ARナビ”を発表しました。

Googleマップ、案内キャラを追えば着くARナビをデモ。GPSとVPS併用、カメラで店舗の名前も – engadget

発表された内容によるとこのアップデートで、なんとカメラに映った風景に、目的地への道順などが直接表示できるようになるようです!

さらに、狐のキャラクターが目的地まで先導してくれる機能も搭載されるということで、ただの移動時間をファンタスティックな体験に変えてくれそうな予感がします。超楽しみ。

個人的な考えですが、将来的に追加コンテンツとかで人気の版権キャラクターや、自分でモデリングしたキャラクターモデルをアップロードして、そのキャラクターに案内してもらえるような機能が実装されたらもっと素敵になるような気がします。
Googleさん、何卒ご検討の程….!!!(←

ちなみに、Google Mapでは、今年の3/14に、いままでGoogleMap上に構築してきた地図データや3dモデルデータなどをAPI提供し、Unityと連携してARゲーム制作の材料にできるサービスを発表しています。

世界中の実際の場所が“ゲーム”に――「Google Maps API」を使って世界をモデルにしたAR対応のゲーム開発が可能に – @IT

いよいよ、ただの便利アプリとしてだけではなく、地図を使った新しいエンターテイメントを作り出す方向に本腰を入れ始めた感が出てきましたね。

期待を集めているAR機能の発展が思うように進んでいない現状で、今回のGoogle Mapのような取り組みがその突破口になって、急速に開発が進むなんてこともあるかもしれません。

楽しみですね。

  • この記事いいね! (1)
takahashi 著者:takahashi

人気上昇中!?コミュニケーションに特化した新しいVR空間”VRChat”

現実世界で最大のVR空間…というと、SecondLifeが非常に有名ですよね。
個人的な感じ方ですが、SecondLifeは本当の意味でのVR空間を目指していたような印象です。

具体的には、ただコミュニケーションするだけでなく、VR空間内でいろいろなものを3Dオブジェクトで作ったり、販売したり、またLSLという独自のスクリプト言語を使うことで、アバターに特定の動作をさせたり、仕掛けを用意したりすることも可能な仕様です。

一方、最近になって新しいVR空間が人気を集め始めています。

その名も、”VRChat

最近、ネット上でにわかに人気を集めています。
このVRChatですが、一見すると非常にSecondLifeに似ているように思えます。

何かSLと比較できる点とかあるかなーとか思ったのですが、

バーチャル無法地帯『VRChat』の歩き方…今日から遊べるカオスな溜まり場 – GameSpark

こちらの記事を確認する限りではほぼSLと変わらない雰囲気です。
ただ、こちらのサービスは黎明期ということもあり、現在世界中の多くの人でにぎわっているようです。
VRChatの世界でも、自分で好きなアバターを入手、もしくは制作することで、好きな姿で参加することができます・
また、SLでいうリージョンのように、ワールドという仮想空間を作成することも可能です。

唯一SLと違う点としては、HMDを使用することが前提(PCでの利用も可)のサービスとなっていたり、モーショントラッキングができたりと、最近のVR技術に最適化されている部分があるようです。

ただ、SLのようにゲーム内での細かい規約がまだ設定されていないようで、自由度がかなり高いものとなっていますが、上記の記事にもあるように一部無法地帯となってしまっている部分もあるようです。

VRが発達して再び活気がつき始めた仮想空間サービス。
プレイ環境が誰でも比較的入手しやすくなった今こそ、面白いことになっていくのではないかというワクワク感を感じました。

VRChat公式サイト(英語)
VRChat 日本WiKi

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

知らないなんて勿体ない!!! 手軽にリアルなARを楽しめる Windows標準搭載のARアプリが面白い!

一時期なんとなーく鎮静化ムードだったAR(MR)周りですが、最近になってAppleがiOSで”AR Kit”というARライブラリを公開してから、Pockemon GOなどでリアルなARとして使われるようになるなど、にわかに活気がつき始めている印象があります。

そんな中、MicrosoftはWindows10発表と同時にMicrosoft Hololensなどを発表し、他の企業がなかなか進められなかったARに、かなり力を入れて来ていました。
現在もMicrosoftはWIndowsのAR機能に力を入れ続けているようで、一つ前のメジャーアップデート “Creators Update”で3Dオブジェクトの簡易作成機能を搭載した”3Dペイント”を搭載し、現在の”Fall Creators Update”ではさらにいろいろな3D関連の機能が追加されました。

今回はその中で簡単にリアルなARが楽しめるWindows 標準アプリ  “Mixed Realityビューア”を紹介したいと思います。

遊び方は超簡単。

まず起動すると上のような謎のアヒルのキャラクターが現れます。
ドラックしてぐりぐり動かすことで、3Dオブジェクトをいろんな角度から眺めることができます。

ここまでであればただの3Dビューア―アプリなのですが、面白いのはここから。

ウインドウ上部のメニューから”Mixed Reality”アイコンを選択します。

するとカメラが起動し、手が出てきてカメラに写っている平面をクリックするように促されるので、実際にクリックしてみます。

するとカメラで写っている平面に乗るような形で、先程のキャラクターが現れます!

すごいのは、カメラを動かすと、キャラクターもちゃんとその動きに追従して動く点。
マーカーもないのにここまで綺麗に追従してくれるのは、なかなか面白いです。

好みのアングルが決まったら、右側の白丸をクリックまたはタップすると、撮影もすることができます。

このキャラクターですが、デフォルト以外にもいろんなキャラクターやオブジェクトが用意されています。

飛行船や

建物。

恐竜や

なんとペガサスまで!!!
これらはすべて画面上部にある”Remix 3D”から入手できます。

これらのオブジェクトを使ってちょっと遊んでみました。

こちらは先ほどのデフォルトのアヒルのキャラクター。

腕に乗せられてますがなんだか不満そうです(笑

ふくろうのキャラクターをペン先に止まらせてみたり…

ペガサスを手に泊まらせてみたり!

極めつけは…

手乗りドラゴン!!!
ファンタジー好きなら一度はあこがれるシーンが、簡単に撮れちゃいます!!!

Remix 3Dですが、自分がつくったオブジェクトもアップロードができるようで、この仕組みが活性化していってオブジェクトの数が増えていったらもっと面白いことができそうな気がします!

残念なのは公式でこれらの機能の宣伝がまだあまりされていない点。

マイナーな機能になってしまうのは本当にもったいないぐらい面白い機能なので、興味を持った方は是非一度試してみてはいかがでしょうか…!

Windows Mixed Reality Viewer – Microsoftストア

 

  • この記事いいね! (0)