浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

【React Native】「react-native-user-agent」ライブラリを使ってユーザーエージェントを取得する

結局使わなかったのですが、備忘録としてまとめ。
タイトル通り、React Native でユーザエージェントを取得する方法についてです。

今回使用したライブラリは「react-native-user-agent」で、GitHub はこちら。

bebnev/react-native-user-agent: Library that helps you to get mobile application user agent and web view user agent strings
https://github.com/bebnev/react-native-user-agent

 

まず、下記コマンドでライブラリをインストールします。

npm install react-native-user-agent --save

上記が終わったら、あとは使用したいページに下記を追加するだけです。

import UserAgent from 'react-native-user-agent';

UserAgent.getUserAgent();

UserAgent.getUserAgent() で、ユーザーエージェントが取得できるので、あとはこちらを使って任意の処理を実行してください。

なお、上記のコードは同期処理ですが、もし非同期でユーザーエージェントを取得したい場合は下記のように記述してください。

UserAgent.getWebViewUserAgent()
  .then(ua => {
    // 取得成功時に実行したい処理
    console.log(ua);
  }).catch(error => {
    // 取得失敗時に実行したい処理
    console.log(error);
  });

以上です!
今回は特に注意点等もなく、難なく実行することができました。
冒頭でも書いた通り、結局はユーザーエージェントを使う必要がなくなったため今回は削除しましたが、もし今後使うようになった時のために纏めました。

 

以上、React Native の「react-native-user-agent」ライブラリを使って、ユーザーエージェントを取得する方法についてでした。
ご参考になれば幸いです。

  • この記事いいね! (0)