浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

【Cordova】twitter-connect-pluginプラグインでのログイン時に「Request failed: forbidden (403)」が返る

今回は、twitter-connect-plugin プラグインを使った Twitter ログインを行った時に遭遇したエラーについてです。
実装したときは問題なく動作していたのですが、久々に使用したところ、「Request failed: forbidden (403)」というエラーが返ってくるようになり、Twitter ログインの認証画面すら表示されなくなりました。
ちなみに実行環境は iOS です。

twitter-connect-plugin プラグインの GitHub ページはこちらから。

GitHub – ManifestWebDesign/twitter-connect-plugin: Cordova/PhoneGap plugin to use Twitter Single Sign on
https://github.com/ManifestWebDesign/twitter-connect-plugin

 

修正については、Issues のこちらの投稿が大変参考になりました。

Suddenly Request failed: forbidden (403) · Issue #66 · ManifestWebDesign/twitter-connect-plugin · GitHub
https://github.com/ManifestWebDesign/twitter-connect-plugin/issues/66

上記の投稿の通り、Twitter Developers のアプリ設定に問題がありましたので下記の URL にアクセスし、App details の内容を変更します。
https://developer.twitter.com/en/apps/[App ID]
変更する項目は Callback URL で、こちらに twittersdk:// という記述を追加します。
変更するのはこれだけ!
こちらを修正して、再度 Twitter ログインを実行したところ、無事に Twitter のアプリ連携の承認画面が表示されました!

…というか、設定が抜けてたのに何故実装時には正常に動いていたのでしょう…。
そこだけが謎ですね。

 

以上、twitter-connect-plugin プラグインを使用した Twitter ログイン実行時に、「Request failed: forbidden (403)」が返ってくる場合の対処方法についてでした。
ご参考になれば幸いです。

  • この記事いいね! (0)