楽天カードに大規模障害が発生した件で思うこと

takahashi 著者:takahashi

楽天カードに大規模障害が発生した件で思うこと

先日、 楽天カードでなかなかヤバい障害が発生していましたね…

【一部復旧】当社サービスの一時利用停止のお詫びとお知らせ
(株式会社QTnetの電源設備更新作業に伴う不具合)- Rakuten Card

上記記事によると、2019年11月23日(土)6時ごろから、楽天カードや楽天ペイ、およびこれらサービスの利用明細確認などの機能が障害により停止し、なんとカード決済までも止まってしまう障害が発生していました。

カード決済機能と楽天Payは当日中に復旧しましたが、明細確認機能などはこの記事作成時点においてもまだ復旧していません。

原因は楽天カードの決済サーバーが置かれているQTnet社のデータセンターで、電源設備入れ替え時に電源障害が発生し電源が一瞬落ちたそうで、それが原因で同データセンターで稼働していたサービスが影響を受けてしまったようです。

この関係で、楽天以外にも、同データセンターにサーバーを置いていた官公庁や電力会社のHPにも障害が発生していたようです。

楽天カードなど260社・自治体に影響 九電系で障害 – 日本経済新聞

入れ替え中とはいえ、データセンターで電源を一瞬でも落としてしまうというのはあってはならない障害ですが、AWSですら電源ではないですが設備設定の入れ替えで障害を起こしたこともあるぐらいで、残念ながらデータセンターであっても障害が起きるときは起きてしまうものです。

個人的に、今回一番に問題に感じたのは楽天側のシステム構成の問題。

費用の問題もありますし、ダウンタイムが許容されるようなサービスであれば単一データセンターで動かしていたとしても理解はできます。

しかし、楽天カードはクレジットカードという超重要な社会インフラですし、たとえそれなりのコストがかかったとしても、決済機能だけでも絶対に止めてはいけないシステムであったはずです。

最近ではクレジットカードをメインに使用し、現金を持ち歩かない人も増えているようですが、もし食事やサービスを利用した際に現金をもっていない状況で(利用者側の落ち度なく)カードの利用ができなくなってしまっていたら、利用者がどのような状況に陥るのかは想像に難くありません。

生活費をカードで決済している場合もあります。

また楽天カードはETCも発行しています。

実際に起きていたかどうかはわかりませんが、決済ができないということはETCなどでの利用でも問題が発生した可能性もあると思います。

もし出場時に問題が発生して出られなければ、利用者はパニックに陥りかねないとおもいます。

停止すれば日常生活に実害をもたらしてしまう可能性のあるサービスが、単一のデータセンターが障害されただけで止まってしまうという状況は、楽天カード側の障害対策が甘すぎると感じました。

今回は電源断でしたが、万が一そのデータセンターが災害などに巻き込まれて完全に破壊されてしまったら、どう復旧するつもりなのでしょうか。

もう少し、耐障害性のことを考えたシステム設計にすべきなのではないかと個人的には感じました。

今後の対策に注目したいと思います。

  • この記事いいね! (0)

著者について

takahashi

takahashi administrator

Webエンジニア。 趣味で自宅サーバーを稼働中。 ファンタジーが好き。