【Laravel】6.xからの新しいデバッグ用関数ddd

著者:杉浦

【Laravel】6.xからの新しいデバッグ用関数ddd

 Laravelにはdump(), dd()の様なデバッグ用にリッチな画面出力関数が用意されています。dddはそれに加わる新たなデバッグ用関数です。
ヘルパ 6.0 Laravel#dd
Laravel Ignition Introduces the ddd() Helper – Laravel News
 Laravel6.xではエラーページ用の機能がLaravel/Ignitionになっています。dddはこのIgnitionに付属する機能です。Ignitionのエラーページは画像の様な白を基調とした画面で今までの黒画面とはガラッと変わりました。タブ毎にデータを分けることで肥大化したデバッグ用情報を読みやすくしています。

Ignition Is the New Error Page for Laravel – Laravel Newsから引用
 ddd関数は画面出力をこのエラーページ同様にリッチなものにします。

 ddd関数を使うことでリクエスト、ログイン情報、発行されたSQLなども合わせて見ることができます。

  • この記事いいね! (1)

著者について

杉浦 administrator