【Git】git-submoduleことはじめ

著者:杉浦

【Git】git-submoduleことはじめ

 Git自体のパッケージマネージャの様な機能としてgit-submoduleがあります。git-submoduleはgitコマンドの一つでgitを導入すれば勝手にくっついてきます。
 Git – git-submodule Documentation
 git submoduleはGitリポジトリの中にGitリポジトリをクローンする機能です。これを使えばバージョン固定や定期的なコピペから解放されます。ある一つのDocker設定を用いたり、開発プロジェクトで用いない言語のライブラリと連携したりする時に特に便利です。

 基本のコマンドは二つ覚えておけば大丈夫です。git submodule add [cloneする時とかのURL] [保存先ディレクトリ]でリポジトリを追加、git submodule updateでリポジトリをまとめて更新、この二つだけです。
 Gitリポジトリの中にGitリポジトリがあると言ってもいいくらいなのでGitコマンドの対応が大体用意されています。ブランチの切り替えで安定版、開発版の切り替えも楽々です。

  • この記事いいね! (0)

著者について

杉浦 administrator