浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

Docker Toolbox で Windows ディレクトリとの共有

docker

Docker マシーン (VMware 仮想ゲスト) と Windows PC のファイル共有はデフォルトでは C:\Users ディレクトリが、ゲスト側の /Users にマウントされた状態となります。

なので Windows 上で Dockerfile や docker-compose.yaml など作成して、VMware ゲスト (docker-machine) 側で動かす際に混乱するんだよな。

マウントポイントを変更したい場合は GUI は無いので docker-machine を止めた状態で VMX ファイルを直接編集です。

sharedFolder0.present = “TRUE”
sharedFolder0.enabled = “TRUE”
sharedFolder0.readAccess = “TRUE”
sharedFolder0.writeAccess = “TRUE”
sharedFolder0.hostPath = “C:\Users\”
sharedFolder0.guestName = “Users”
sharedFolder0.expiration = “never”

VMware の定義ファイル C:\Users\(ユーザ名)\machine\machines\default\default.vmx

この部分を変更して、docker マシーン起動!

いずれ docker が windows 上で動く様になるらしいので (ただし Hyper-V) 、docker コンテナと直接 Windows でファイルやり取りはできる様になるのかな。

  • この記事いいね! (0)