浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

【Laravel】Laravelのレスポンスは暗黙の型変換が強い

 Laravelはコントローラが何を返そうがサーバがクライアントにレスポンスを返せる様にがんばります。暗黙の型変換を行うPHPの鑑ですね。
 Laravelはミドルウェア、ルートバインディングをなんやかんや通って、コントローラのメソッドを実行、返り値をレスポンスにします。
 肝心のレスポンスはvendor/laravel/framework/src/Illuminate/Routing/Router.phpのtoResponseメソッドで整形されます。

    /**
     * Static version of prepareResponse.
     *
     * @param  \Symfony\Component\HttpFoundation\Request  $request
     * @param  mixed  $response
     * @return \Illuminate\Http\Response|\Illuminate\Http\JsonResponse
     */
    public static function toResponse($request, $response)
    {
        if ($response instanceof Responsable) {
            $response = $response->toResponse($request);
        }

        if ($response instanceof PsrResponseInterface) {
            $response = (new HttpFoundationFactory)->createResponse($response);
        } elseif ($response instanceof Model && $response->wasRecentlyCreated) {
            $response = new JsonResponse($response, 201);
        } elseif (! $response instanceof SymfonyResponse &&
                   ($response instanceof Arrayable ||
                    $response instanceof Jsonable ||
                    $response instanceof ArrayObject ||
                    $response instanceof JsonSerializable ||
                    is_array($response))) {
            $response = new JsonResponse($response);
        } elseif (! $response instanceof SymfonyResponse) {
            $response = new Response($response);
        }

        if ($response->getStatusCode() === Response::HTTP_NOT_MODIFIED) {
            $response->setNotModified();
        }

        return $response->prepare($request);
    }

 $responseの型を判定し、適したメソッドを呼ぶか、適したオブジェクトに変換してます。見るからにレスポンスにできるものはレスポンスにする、という貪欲さが見えます。とりあえず特長的なのは普通にhogehogeResponseという型で判定していない部分である次の条件文です。

        } elseif (! $response instanceof SymfonyResponse &&
                   ($response instanceof Arrayable ||
                    $response instanceof Jsonable ||
                    $response instanceof ArrayObject ||
                    $response instanceof JsonSerializable ||
                    is_array($response))) {
            $response = new JsonResponse($response);
        } elseif (! $response instanceof SymfonyResponse) {

 とりあえずjsonにできるならなんでもいい、arrayでもいい、という条件文です。これのおかげでControllerの中でのアダプターを作る手間がいくらか省けます。

  • この記事いいね! (0)