浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

nginxでnet::ERR_CONTENT_LENGTH_MISMATCHが出た時の対処法

今まで普通に動いていたサイトが、ある日突然正常に表示されなくなるという問題に遭遇。
Chromeの開発者ツールで調べると

net::ERR_CONTENT_LENGTH_MISMATCH

上記のメッセージが大量に発生しており、サイトのアセットの読み込みに失敗していたようでした。
ERR_CONTENT_LENGTH_MISMATCHはヘッダーのContentLengthと実際に受け取ったバイト数が違うと発生するようです。

nginxでのERR_CONTENT_LENGTH_MISMATCHの解決法 – Qiita

いろいろなサイトを見てみると、サーバーにNginxを使っている場合、サイトのキャッシュの保存が失敗したときに先程のエラーが出現するようで、その場合は指定パスに書き込み可能なディレクトリを用意すれば解消するようです。

しかし、今回問題が発生した環境では、該当のログが見当たらなかったため、問題が発生していたサイトのキャッシュを禁止する方法で対策してみました。
変更としてはnginxの設定ファイルを下記のように修正します。

server {
  server_name  .example.com;

  listen          443;

  ssl on;
  ssl_certificate       /path/to/hoge.crt;
  ssl_certificate_key   /path/to/hoge.key;

  client_max_body_size 1g;
  proxy_set_header Host $host;
  proxy_set_header X-Forwarded-For $proxy_add_x_forwarded_for; 
  proxy_set_header X-Forwarded-Host $host; 
  proxy_set_header X-Forwarded-Server $host; 
  proxy_set_header X-Real-IP $remote_addr;
  proxy_set_header X-Fowarded-Proto $scheme;
  proxy_max_temp_file_size 0; #この記述を追加
  location / {
    proxy_pass https://localhost:8081;
  }
}

これでnet::ERR_CONTENT_LENGTH_MISMATCHエラーが消滅し、とりあえず無事サイトが表示されるようになりました。
しかしなぜ突然こんなエラーが出るようになってしまったのか…原因は分かっていないので、さらに調査が必要そうです。

参考サイト
Consul Web UIで画面が表示されない時の対処法 – Qiita

  • この記事いいね! (0)