文字化け解析に役立つサービスもじばけらったの紹介

著者:杉浦

文字化け解析に役立つサービスもじばけらったの紹介

 文字化け解読ツール「もじばけらった」は文字化けがどの様な変換で起きているかを試すツールを利用できるwebページです。

 使い方は上画像のまま。入力してばけらったすると下画像の様にタブと文字列が出ます。
  
 内タブの文字コードで書かれた文字列が外タブの文字コードでエンコードされると入力された文字列になると示してくれます。いろいろな文字コードの組み合わせで逆変換を試してくれるわけですね。下画像ならSJISっぽい文字コードで書かれたdummy0日本�がUTF-8として見られた結果、dummy0譌・譛ャ隱が出力されたと予想できるわけです。
 文字化けで情報が落ちたら復元できませんし、多重変換、暗黙的な変換なりなんなりが原因となることもあります。単純に解決することは稀ですが、大体大きなヒントになってくれます。
 このサービスは基本的に入力された文字列をphpのmb_convert_encoding($入力文字列,$外タブの文字コード,$内タブの文字コード);で変換してvar_dump()して出力しています。文字化けは誤った変換によるものでその変換は可逆的です。そのため文字化け問題は問題の再現がそのまま解決につながりやすいです。文字化け問題の解決に詰まった時は、もじばけらったの手法を参考にして問題を再現するのも一つの手です。

  • この記事いいね! (0)

著者について

杉浦 administrator